芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 欠田誠・中村道彦 マネキン原型師のプロフィール

欠田誠・中村道彦 マネキン原型師のプロフィール


マネキン人形

2019年4月30日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、「マネキンの世界」です。

誰もが一度は、洋服売り場にディスプレイされているマネキン人形を見たことがあると思います。

モデルのように理想的な体型・顔の人形に衣服や装飾品を身に付けさせ、お客様の購買意欲を高めるため、その時代やブランドイメージに合った体型・顔のマネキンでなければなりません。

その際、マネキンは型をとって量産しますが、これを行う職業がマネキン原型師・マネキン原型作家です。

世界的マネキン原型師である欠田誠さんとその弟子である中村道彦さんが出演し、マネキンの事実や歴史、最新マネキンを紹介しました。

マツコ・デラックスさんも、「欲しい、コレ」「家中、マネキン飾ってやろうかな!」と、マネキンに魅せられています。



欠田誠ってどんな人?

欠田誠さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 欠田誠(かけだまこと)

【生年月日】 1934年

【出身地】 東京都

【最終学歴】 京都市立美術大学彫刻科卒業

【職業】 マネキン原型師

京都市立美術大学彫刻科で学んだ欠田誠さんは、大学在学中から二科展に出品し特待賞を受賞するほど芸術の才能を持っていました。

戦後復興の中、1957年に大学を卒業して就職したのがマネキンを製造する『七彩工芸』で、マネキン原型師としてのキャリアをスタートさせます。

その後、仕事ではマネキンを作り、目を見開いたままの人体型取り(スーパーリアル・マネキン)に成功する一方、プライベートでは芸術作品を創り、二科銀賞受賞や美術展出展で活躍しました。

そして、1986年に『七彩工芸』を退職すると、サンローランやシャネルなどの世界的ブランドのマネキンを手掛け、さらに、多機能マネキンや新スポーツマネキンの制作にも成功したのです。

その実績を認められ、江戸川大学で非常勤講師・特別講師を務めたこともあります。



中村道彦ってどんな人?

中村道彦さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 中村道彦(なかむらみちひこ)

【生年月日】 40歳(2019年4月時点)

【最終学歴】 多摩美術大学美術学部彫刻学科卒業

【職業】 マネキン原型師

中村道彦さんは、欠田誠さんの教え子・弟子です。

大学卒業後にマネキン制作会社『アップル』に入社し、26歳の時に欠田誠さんと出会い、指導を受けました。

今までに200種類以上のマネキン原型を制作しています。

ちなみに、抜けない癖は、「街中でもマネキンの横で同じポーズをとること」と「マネキンの洋服をはがして中を覗くこと」です。

【同日放送】 西井成弘 あんこ百貨店の通販・プロフィール紹介


関連記事

2020年3月28日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト・...


2018年4月2日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、...


2016年12月13日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト冨田明宏さんは、...


はぎちゃんは、知名度が低いお笑い芸人にもかかわらず、GACKTさんを始めとする...


2016年9月26日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください