芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 佐藤絵里 日本カレーパン協会会長の職業・プロフィール

佐藤絵里 日本カレーパン協会会長の職業・プロフィール


カレーパン

2020年10月6日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、「カレーパンの世界」です。

現在、日本では食パンを中心にパンブームが起きているので、毎日一食はパンを食べている人も多いことでしょう。

しかし、佐藤絵里(さとうえり)さんはそんなレベルではなく、毎日カレーパンを食べていることは当然として、1日の栄養素の8割をカレーパンで摂取しているという根っからのカレーパン好きなのです。

驚くことに今までに6500個以上のカレーパンを食べているとのこと。

そんな佐藤絵里さんが、焼きカレーパンや日本酒に合うカレーパン、ご当地カレーパン、アレンジカレーパンなどを教えてくれました。

『マツコの知らない世界』には2016年4月26日放送回以来、2回目の出演となります。



佐藤絵里ってどんな人?

佐藤絵里さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 佐藤絵里(さとうえり)

【生年月日】 1963年

【出身地】 兵庫県神戸市

【趣味】 カレーパンを食べること

【特技】 英語

【高校】 兵庫県立長田高等学校卒業

【最終学歴】 某短大卒業

【職業】 行政書士、『日本カレーパン協会』の会長

佐藤絵里さんは、神戸市出身ということもあり、幼い頃から大のパン好きでした。

高校生になるとCAになることを目標にし、短大に進学して英語を学ぶと、見事に日本航空(JAL)・国際線の客室乗務員に採用されます。

しかし、海外では日本のように美味しい総菜パンがなかったのです。

仕方なく、日本のスーパーでカレーパンを買って持って行き、滞在先のホテルで地元のビールとカレーパンを食べることを繰り返すと、自然とカレーパン好きになっていました。

こうしてCAとして働いていた佐藤絵里さんですが、ハードな仕事内容のCAを一生続けていることはできないと思っていたので、10年で辞めます。

その後、エキストラや引っ越し屋、TOEICの試験監督、司法書士事務所など、ざまざまな職業に就きましたが、外回りが多い行政書士の仕事が自分に合っていると判断し、行政書士の資格を取得して独立しました。

そして、「毎日食べているカレーパンならネタに困らない」と始めたブログ『カレーパン大好き』が人気になり、そのブログを見た元日本野菜ソムリエ協会の人の勧めで、『日本カレーパン協会』を設立するに至っています。



『日本カレーパン協会』とは?

佐藤絵里さんは、2012年9月1日に『日本カレーパン協会』を設立し、会長の職に就いています。

日本カレーパン協会の活動の目的は、カレーパンの魅力を追究し、カレーパンの魅力を伝えることです。

そのために、毎年、『カレーパングランプリ』を開催して日本一のカレーパンを決定しています。

カレーパン好きな方、カレーパンに興味を持った方は、『カレーパングランプリ』に注目すると良いでしょう。


関連記事

2021年4月6日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・藤谷千明さんは、ヴ...


大坪誠さんは、空中ディスプレイ開発者です。SF映画の世界を実現し、「天才」と称...


掛神淳さんは、3時間待ちの行列ができる山形県の人気ラーメン店『琴平荘』の主人で...


2016年9月27日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト南雲満友さんは、プ...


「明石家さんまのコンプレッくすっ杯」はコンプレックスを抱えた芸能人が、エピソー...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください