芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 魚仲買人・長谷川大樹のプロフィール・会社!料理を食べられるお店は?

魚仲買人・長谷川大樹のプロフィール・会社!料理を食べられるお店は?


2020年10月6日放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、その知識と技術で一流料理人からも信頼されている魚仲買人の長谷川大樹(はせがわひろき)さんです。

魚仲買人とは、魚市場で魚介類を競り落として小売店や飲食店に販売する職業のことで、美味しい魚を見分ける能力を要します。

しかし、長谷川大樹さんはそれだけではなく、未利用魚の普及や「神経締め」を積極的に行いました。

その結果、「長谷川大樹さんが目利きした魚、締めた魚は美味しい!」と評判になり、日本を代表する魚仲買人となったのです。

そんな長谷川大樹さんの素顔と会社、料理を食べられるお店に迫ります。



長谷川大樹ってどんな人?

長谷川大樹さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 長谷川大樹(はせがわひろき)

【生年月日】 1977年

【出身地】 ※非公表

【高校】 ※非公表

【最終学歴】 ※非公表

【事務所】 魚仲買人、『株式会社さかな人』の代表取締役

長谷川大樹さんは、幼い頃から海や自然が大好きで、図鑑で魚の生態や特徴を調べる少年でした。

実際に、父親と三浦半島を訪れ、海に潜ったりキャンプをしていたそうです。

成長しても海好き・魚好きは変わらず、大学生の時には1年間休学して鹿児島の離島で漁師に弟子入りしていたこともあります。

大学卒業後は一般の会社に就職したものの、どうしても海を忘れられません。

そこで、35歳の時に海に寄り添って生きて行くことを決意し、広告代理店を退職し、都内から神奈川県逗子市に移住しました。

そして、魚の目利きを養って魚仲買人になると、「鮮度が落ちやすい」「あまり獲れない」「下処理が難しい」などの理由により廃棄等されていた未利用魚を実際に自分で食べて美味しく食べられる方法を見つけ、料理人に提案するようになります。

さらに、漁師の船に乗り、水揚げされた魚の脊髄にワイヤーを通す「神経締め」で、魚の鮮度を保つようになりました。

こうして料理店に提供された魚の味が評価され、長谷川大樹さんは有名になったのです。

ちなみに、長谷川大樹さんは、魚仲買人で『株式会社さかな人』の代表取締役でありながら、素潜りでも魚を獲ります。



長谷川大樹の魚を食べられるお店

長谷川大樹さんが携わった美味しい魚を食べられるお店の情報は、次のとおりです。

居酒屋 風ら坊

店名居酒屋 風ら坊
住所神奈川県逗子市逗子1-6-5 FUJIビル2F
電話046-890-2470
営業時間17:30~23:30(L.O.23:00)
定休日月曜日
※加えて不定で火曜日休みあり

La vie

店名La vie
住所神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-11-9
電話0467-95-2585
営業時間【ランチ】 11:30~15:00(L.O.13:30)
【ディナー】 17:30~22:30(L.O.20:00)
定休日月曜日・第3日曜日

近くに行く機会があったら、ぜひ、魚料理をお召し上がりください。

長谷川大樹さんの凄さが分かることでしょう。


関連記事

広島カープの25年ぶり優勝を祝して、2016年9月29日のアメトーークは広島カ...


田中彰さんは、日本におけるキャニオニングの第一人者であり、世界的にもトップレベ...


2018年5月31日の『アメトーーク!』は、『バイク芸人 第4弾』です。今回は...


2019年8月13日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・石原誠(石原まこ...


2017年12月12日のTBS『マツコの知らない世界』のゲストであるカピル・ミ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください