芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » ゲーム音楽史研究家・田中治久(hally)のプロフィール!ゲーム音楽の本

ゲーム音楽史研究家・田中治久(hally)のプロフィール!ゲーム音楽の本


ファミコン

2021年8月24日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、「ゲーム音楽の世界」です。

最近のゲームは映像も音楽も素晴らしいですが、昔のインベーダーゲームやゲームウォッチ、ファミコン、ゲームボーイなどは単調なピコピコ音でした。

それでも、当時の人たちはその単調な音楽を聞きながらゲームを楽しみ、今でもその音楽を聞けば当時の記憶が蘇って懐かしさを感じます。

実際、東京オリンピック2020の開会式で、入場行進の時に『ドラゴンクエスト』『ファイナルファンタジー』『モンスターハンター』などの人気ゲームの音楽が使用され話題になりましたが、懐かしさを感じた人は多いのではないでしょうか?

日本において、このレトロゲームのピコピコ音に「チップチューン」という語と概念をもたらしたのが、ゲーム音楽史研究家・ゲーム史研究家の田中治久(hally)さんです。

ゲーム音楽の第一人者である田中治久さんが、ゲーム音楽の歴史や作曲家について教えてくれました。

田中治久(hally)ってどんな人?

田中治久(hally)さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 田中治久(たなかはるひさ) ※ニックネーム:hally(ハリー)

【生年月日】 ※非公表

【出身地】 ※非公表

【趣味・特技】 ゲーム、ゲーム音楽

【高校】 ※非公表

【職業】 ゲーム音楽史研究家、ゲーム史研究家、チップアーティスト、ライター

田中治久さんは、幼少だった1980年代前半にゲームが好きになり、ゲーム音楽にも興味を持ちました。

それがきっかけで昔のゲーム音楽を取り入れた作曲家となると、自らミュージシャンとして精力的に活動します。

さらに、好きが高じてゲーム音楽のライターとしても活動を始め、また、ゲーム音楽の個人サイト『VORC』を立ち上げ、昔のゲーム音楽に「チップチューン」という語と概念を定着させました。

2004年頃からは、ゲーム音楽に留まらず、ゲーム史の研究も始めています。

ちなみに、田中治久さんは、2021年7月に東京大学で『チップチューンによるゲームサウンド制作の実践』という授業を開き、ファミコンサウンドの作り方を東大生に指導しました。

田中治久(hally)のゲーム音楽本

田中治久(hally)さんが出版しているゲーム音楽本は、次のとおりです。

ゲーム音楽ディスクガイド

ゲーム音楽ディスクガイド2

インディ・ゲーム名作選

【同日放送】 カザフスタン人歌手・ディマッシュのプロフィール!本名、年齢、歌唱動画


関連記事

2020年12月15日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・阪井明子さんは...


2018年2月19日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは...


2017年2月17日放送の「金曜ロンドンハーツ」は「検証!カズレーザーって結局...


2016年11月30日放送の「ザ!世界仰天ニュース」のテーマは、「脳の不思議ス...


2018年3月20日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト中西一登さんは、桜...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください