芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 山下メロ ファンシー絵みやげ保護で退職!職業・プロフィール

山下メロ ファンシー絵みやげ保護で退職!職業・プロフィール


山下メロさんが、2020年1月9日放送のフジテレビ系列『アウトデラックス』に出演しました。

山下メロさんは、ファンシー絵みやげを収集している人物で、本人曰く、「なくなりつつあるファンシー絵みやげを保護している」そうです。

ところで、「ファンシー絵みやげって何?」と思った方も多いことでしょう。

ファンシー絵みやげとは、1980年代・1990年代に主に観光地などで販売されていたファンシーなイラストが描かれたお土産のことで、山下メロさんが名付けました。

山下メロさんは、そのファンシー絵みやげの収集のために会社を辞めているというから驚きです。

ファンシー絵みやげ保護に人生をかけている山下メロさんの素顔に迫ります。



山下メロってどんな人?

山下メロさんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 山下メロ(やましためろ)

【生年月日】 1981年

【出身地】 広島県広島市

【趣味】 ファンシー絵みやげの収集

【高校】 埼玉県立久喜北陽高等学校卒業

【職業】 ファンシー絵みやげ研究家

1981年に広島で生まれた山下メロさんは、小学生の時から観光地でファンシー絵みやげを買っていましたが、一度、それらをすべて捨てました。

しかし、数十年後にフリーマーケットでファンシー絵みやげを見かけて、それを購入して帰宅します。

そして、インターネットでそのお土産を検索しようとしますが、何という名前かも分からず、また、様々なキーワードで検索しても情報が出てきませんでした。

このことで危機感を抱いた山下メロさんは、「ファンシー絵みやげ」と名付け、2014年から本格的に保護活動をするようになったのです。

山下メロさんは本気であり、今までに日本全国の4000店以上のお土産屋を訪れ、17000種(2020年1月時点)を超えるファンシー絵みやげを収集しています。

それだけの数を集めるのに費やした金額は、旅費や宿泊料を含めて1000万円以上とのこと。

実際に日本全国のお土産屋に足を運ぶので、費やす時間も半端ではなく、それまでIT企業の会社員として働いていましたが、ファンシー絵みやげ保護のために退職しました。

お金は、講演会と貯金を切り崩しながら保護活動しているそうです。

ちなみに、山下院長として『ファンシー学院』というウェブサイトを運営しているので、興味を持たれた方は見てみると良いでしょう。



山下メロのファンシー絵みやげ本

山下メロさんは、ファンシー絵みやげに関する本を出版しています。

中高年の方は、懐かしいお土産を発見できるかもしれませんね。

山下メロの動画

山下メロさんが公開しているユーチューブ動画をいくつか紹介するので、ぜひ、ご視聴ください。

『なぜ放射ホログラムはビックリマンに存在しないのか』

『イルカの説明文は正しいのか!?・・・キーホルダー開封動画1』

動画以前に、後ろに映っている今までに保護したキーホルダーが凄過ぎますね。

ただ、映っている部分はごく一部ということを忘れてはいけません。


関連記事

2017年4月16日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 」は、タレント...


2020年3月17日放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、靴磨き世...


2016年9月20日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト吉岡一成さんは、モ...


2016年12月7日放送の「ナカイの窓」のテーマは、「東大VSおバカ」です。東...


2017年12月7日放送の『ナカイの窓』は、『昭和VS平成 女芸人SP』です。...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください