芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 新山大(あどばるーん)の透視能力は本物?使える超能力の種類は?

新山大(あどばるーん)の透視能力は本物?使える超能力の種類は?


2021年7月29日放送のフジテレビ系列『アウトデラックス』に、超能力(透視能力)を使えるというお笑い芸人・新山大(にいやまだい)さんが出演しました。

最近観ることはなくなりましたが、以前、他人が書いた文字や絵を自称超能力者が見ないで当てるというテレビ番組を何度か観たことがあります。

実際にこの手のテレビ番組を観たことがある人は多いと思いますが、信じる人はごくわずかで、ほとんどの人は「書いた人と自称超能力がグルなんでしょ」「トリックがあるんでしょ」と疑ったことでしょう。

お笑い芸人の新山大さんは、この怪しい透視能力を持っていると公言しているのです。

新山大さんの素顔とにわかには信じ難い超能力に迫ります。

新山大ってどんな人?

新山大さんのプロフィールは、次のとおりです。

【芸名】 新山大(にいやまだい)

【生年月日】 1981年7月28日

【出身地】 青森県八戸市

【血液型】 B型

【身長】 181cm

【体重】 73kg

【趣味】 野球、釣り

【特技】 超能力(透視)、アイスホッケー(インターハイ出場・ベンチ入り)

【高校】 青森県立八戸工業高等学校卒業

【事務所】 株式会社ソーレアリア

青森県八戸市出身の新山大さんは、八戸市立白銀南中学校で同級生として相方の小野ますのぶさんと出会い仲良くなると、中学2年生の時には『シクラメン兄弟』というお笑いコンビを結成し、文化祭で漫才を披露しました。

これがきっかけとなり、現在は『あどばるーん』というコンビ名で青森県を拠点にローカルお笑い芸人として活躍しています。

全国的には知名度が低いですが、青森県では7本のレギュラー番組を抱える売れっ子芸人です。

ちなみに、プライベートでは2007年に一般女性と結婚し、2009年に第一子となる長女を授かっています。

新山大の超能力は本物か?使える超能力の種類は?

新山大さんは、小学校4年生~5年生の時に、テレビ番組で超能力者が紙に書かれた文字を見ないで当てる透視を披露しているのを観て、「自分にもできそう」と思って母親にお願いして文字を書いてもらいました。

すると、次々と書いてある文字を当てたのです。

しかし、1文字当てるのに1時間要するため、母親も弟も付き合ってくれず、当然、友達にも披露することはありませんでした。

一応、お笑い芸人になってから番組ディレクターに透視能力をアピールしたこともありましたが、1時間も時間をくれる番組はなく、ほぼフューチャーされることはなかったとのこと。

ちなみに、新山大さんは他にも次の超能力を使えます。

新山大が使える超能力

  • 透視能力
  • ホームに入って来た新幹線の鼻先を見たら、隣の乗客の情報が分かる
  • 動物園で夜行性動物を素早く見つけられる
  • 動物や人にオーラを送ると、少しコントロールできる(ファミレスでうるさいお客さんにオーラを送って席を立たせる)

このように、役に立たず、時間が掛かり、体力もかなり使うので、新山大さんの超能力は使い道がありません。


関連記事

2019年7月30日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・渋川駿伍さんは、...


2018年10月9日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト本田大助さんは、大...


2016年いっぱいで解散するSMAP。そのメンバーが出演する番組「スマステ」「...


東野幸治とナインティナインの岡村隆史による旅番組「東野・岡村の旅猿10 プライ...


2020年2月29日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト・...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください