芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 紺野ぶるま 素行不良で高校中退した理由は?しくじり先生

紺野ぶるま 素行不良で高校中退した理由は?しくじり先生


 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

こんぶるさん(@buruma_konno)がシェアした投稿

2019年6月3日放送のテレビ朝日系列『しくじり先生 俺みたいになるな!!』の先生は、女芸人の紺野ぶるま(こんのぶるま)さんです。

紺野ぶるまさんの魅力は、見た目は普通の女性ですが、変わった芸名を名乗り、下ネタを芸風にしていることでしょう。

そんな姿を見て、多くの人は、芸人だから変わっているキャラクターを演じていると思うかもしれません。

しかし、紺野ぶるまさんは、ギャルになって素行不良で高校を中退した経歴の持ち主なのです。

信じられないような高校生活を過ごした紺野ぶるまさんのしくじりに迫ります。



紺野ぶるまってどんな人?

紺野ぶるまさんのプロフィールは、次のとおりです。

【芸名】 紺野ぶるま(こんのぶるま)

【生年月日】 1986年9月30日

【出身地】 東京都

【血液型】 B型

【身長】 172cm

【3サイズ】 B85cm・W67cm・H83cm

【趣味】 日本史研究、料理

【特技】 なぞかけ、川柳、バドミントン(都大会BEST8)、陸上競技

【高校】 東京都内の私立高校中退、通信制高校卒業

【事務所】 松竹芸能

紺野ぶるまさんは、高校中退後、引きこもりがちな生活をしていましたが、『レッドカーペット』や『あらびき団』などのお笑い番組で、くまだまさしさんや鈴木Q太郎さんがブルマを履いてネタをを披露しているのを観て、「自分も仲間に入りたい」と思い、松竹芸能の養成所に入りました。

最初は、地元の友達と『ブルマニアン』というコンビを組んでいましたが、解散。

ただし、芸名に「ぶるま」だけは残しました。

意外にも、下ネタに否定的だったとのこと。

しかし、ある時、ライブでエロ謎かけをしてウケたことから、現在は、下ネタをメーンにしています。

『R-1ぐらんぷり 2017、2018』『THE W 2017、2018』で決勝進出を果たした実力派女芸人であり、2019年4月には、平成中にオードリー若林さん似の一般男性と結婚しました。



紺野ぶるまのしくじり

紺野ぶるまさんは、子供の頃に病気がちだったため、過保護に育てられ、ピアノやバレエ、英会話、書道、水泳、バスケなど、さまざまなことを両親にやらしてもらいました。

次第に体が丈夫になると、中学生の時には、バドミントンで都大会ベスト8の結果を残します。

ただ、勉強は苦手で、勉強しなくても入れる東京都内の私立高校に、「制服が可愛い」という理由だけで進学しました。

今までの反動からか、そこで、思春期に発症しがちな過剰な言動をとる中二病を患い、「将来の夢がない」「何で生きているのか?」「何で高校に行って色々と頑張らないといけないのか?」と考えるようになってのです。

その結果、雑誌『egg』を見てギャルに憧れ、公園でガングロに日焼けしてギャルになりました。

さらに、「勉強と部活を疎かにする」「遅刻を繰り返す」「1人で巨大な旗を抱え、校長先生にメンチを切る」などの不良素行を繰り返します。

高校2年生のある日、校長室に呼び出され、「あと1回なにかあったら退学だから!」と警告を受けますが、またも遅刻し、よりによって、おでんを食べながら登校したのです。

校門の前にいた校長先生に、「このアンポンタン」と言われて怒った紺野ぶるまさんは、食べていたおでんの汁で校長先生を囲い、「お前ここから出るなよ!」と暴言を吐きました。

その翌日、母親が学校に呼び出され、校長先生から「お子さんは腐っているみかんです」と告げられて、紺野ぶるまさんは高校中退となることに。

家族との関係も悪化し、兄からは「お前は失敗作だ!」と言われ、家に居場所がなくなったことで、高校中退を反省した紺野ぶるまさんは、この後、通信制高校を卒業します。

そして、高校卒業後、洋服屋でアルバイトしていた紺野ぶるまさんは、雑誌でモデル募集の広告を見つけました。

どこにも所属していないことに不安を感じながら、このモデル募集に応募すると合格しますが、初期準備費用50万円の請求書が届きます。

「大手事務所の姉妹事務所」との説明を聞いて50万払いましたが、試供品配りなどのアルバイトをさせられるだけなので、「ここにいてもテレビに出られない」と判断し、数ヶ月で辞めました。

その後、スカウトされて別の芸能事務所に所属しますが、また、初期準備費用50万円の請求書が渡され、50万円を払ってしまいます。

2度騙されたことで、「自分はモデルになれない」と悟った紺野ぶるまさんは、テレビの中で輝くくまだまさしさんに憧れるようになり、芸人を目指しました。

しかし、芸人として売れた現在でも、高校を中退したことを反省しています。


関連記事

佐藤二朗さんは、数々のドラマ・映画に出演し、さらに、クイズ番組司会やCM、映画...


2018年3月18日放送の日本テレビ系列『世界の果てまでイッテQ!』は、「世界...


2019年2月26日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・竹田浩一さんは、...


2019年1月22日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、「読み聞か...


2017年4月12日放送の「ナカイの窓」は、「お久しぶりですSP」です。昔はテ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください