芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » dancyu編集長 植野広生のプロフィール!20年通う『やじ満』

dancyu編集長 植野広生のプロフィール!20年通う『やじ満』


 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

dancyuさん(@dancyu_mag)がシェアした投稿

2019年6月4日放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、グルメ雑誌『dancyu(ダンチュウ)』の編集長である植野広生(うえむらこうせい)さんです。

食は、生きていくために欠かせない行動であると同時に、「衣食住」と表現されたり、人間の三大欲求のひとつでもあり、人間の人生に密接に関わっています。

そのため、多くの人が、美味しくて健康的な食事を求めるのは当然でしょう。

ただし、植野広生さんは、その中でも特に食への執着が凄く、プライベートはもちろん、仕事でも美味しい食を求めています。

グルメ雑誌『dancyu(ダンチュウ)』の編集長にまで上り詰めた植野広生さんの素顔に迫りました。



植野広生ってどんな人?

植野広生さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 植野広生(うえむらこうせい)

【生年月日】 1962年

【出身地】 栃木県

【趣味】 料理、音楽

【高校】 ※非公表

【最終学歴】 法政大学法学部卒業

【職業】 『dancyu(ダンチュウ)』の編集長

【会社】 プレジデント社

植野広生さんは、酒飲みの父親に連れられて、幼い頃から外食で美味しいものを食べていたため、自然とグルメになりました。

七五三の際には、お神酒を飲んで「お代わり!」と叫んだそうです。

小学生になると、日曜日の昼食は自分で料理して色々試すようになり、大学で上京すると、1週間後には銀座の高級キャバレー『モンテカルロ』でバイトをしました。

その後も様々なバイトをしましたが、飲食店ばかりです。

社会人になっても食への執着は衰えず、給料のほとんどを飲み食いに使ってしまう始末。

この時、植野広生さんは、他の会社で財テク雑誌の編集者をしていましたが、グルメ雑誌『dancyu』の1990年12月創刊号を見て、自分のための雑誌と感じました。

それから1年後、『dancyu』の編集長と会う機会があり、自分の思いを伝えたところ、「そんなに食が好きなら、ウチで書いてみないか」と誘われ、「大石勝太(おおいしかった)」のペンネームで、記事を書くようになります。

ちなみに、この「大石勝太」は、「おいしかった」のダジャレが由来です。

そして、食への熱意と記事の質の高さが評価され、唯一、健康診断だけでプレジデント社に入社を認められると、2017年4月に『dancyu』の編集長に就任しました。

植野広生さんは、『情熱大陸』『人生最高レストラン』『プロフェッショナル』など、多くのテレビ番組・ラジオ番組に出演した経歴の持ち主であり、日本のグルメ界を代表する一人と言って過言でありません。



『やじ満』の場所・営業時間・定休日・メニュー

植野広生さんが20年以上通い続けている中華料理屋『やじ満』の詳細情報は、次のとおりです。

店名やじ満(やじま)
住所東京都江東区豊洲6-6-1 7街区管理施設棟3F
電話070-7491-0349
営業時間6:00~13:30
定休日日曜日・祝日

『やじ満』は、築地場内から豊洲に移転した中華料理の名店です。

植野広生さんオススメのメニューは、「野菜そば、味噌で、辛め。シューマイ半個」とのこと。

シューマイ半個とは、通常4個ですが、2個で注文する方法です。


関連記事

2017年10月5日の『アメトーーク!』は、『先生になりたかった芸人』です。先...


2018年12月11日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・松島和之さんは...


2016年10月23日放送の日本テレビ系列「世界の果てまでイッテQ!」は、お祭...


2016年12月22日放送の「ぐるナイ ゴチになります!17」において、クビで...


2016年10月12日放送の「ナカイの窓」のテーマは、「渋谷VS原宿」です。渋...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください