芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » 未分類 » 昼寝の効果的な時間・寝方!記憶定着に良い

昼寝の効果的な時間・寝方!記憶定着に良い


昼寝

記憶するためには睡眠が必要であることが分かり、昼寝の重要性について見直されつつあります。

また、昼寝をすると、認知症予防にもつながります。

しかし、間違った昼寝をしては意味がありません。

記憶定着に効果がある正しい昼寝の仕方をご紹介するので、ぜひ、参考にしてください。

記憶には睡眠が必要

昔の勉強方法と言えば、一夜漬けの徹夜もその一つとして認知されていましたが、現在では、この勉強方法は完全に間違いと分かっています。

学んだこと、経験したことは、眠ることにより脳の中で整理され、記憶されるのです。

そのため、今では、昼寝を取り入れる小学校・中学校・高校も現れ、実際に、記憶力アップ・学力向上につながっています。

学生はもちろんのこと、社会人も昼寝をとることで、仕事がはかどるのでおすすめです。

記憶定着を促進する昼寝の時間・寝方

昼寝が記憶に良いと言っても、ただ寝れば良いというわけではありません。

正しい昼寝をしないと、効果がないどころか悪影響になるため、以下の方法を守りましょう。

  1. 睡眠時間は5~30分
  2. 横にならない
  3. コーヒーを飲む

(1)昼寝の時間は、短時間厳守です。長時間寝ると、目覚めに頭が働かなくなり、夜も眠れなくなります。ちょっと寝るだけで、記憶定着につながります。

(2)短時間の昼寝であり、起きてすぐに勉強や仕事をするので、机に伏せる姿勢などで寝ましょう。

(3)コーヒーを飲んで寝ると、香りでリラックス効果を得られ、起きる頃にその効果でスッキリ目覚めることができます。

昼寝で効率的に記憶を定着させてください。


関連記事

古市憲寿さんは、フジテレビ系列『とくダネ』のコメンテーターとして活躍する社会学...


柴野大造さんは、元酪農家ですが、ジェラート職人になって世界チャンピオンに輝きま...


遠藤匡王さんは、発見率80パーセント以上を誇るペット探偵会社の代表です。驚異の...


齊藤慶輔さんは、猛禽類専門の獣医師です。絶滅の危機に瀕する猛禽類を保護・調査・...


貼るカイロは、使い方によって効果に雲泥の差があります。体全体を温かくすることが...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください