芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 今明秀の経歴!八戸市立市民病院の救命救急で青森県民を救う

今明秀の経歴!八戸市立市民病院の救命救急で青森県民を救う


ドクターヘリ

2018年2月11日放送のTBS系列『情熱大陸』で、ER救命医である今明秀さんが特集されました。

ERとは、傷病の大小かかわらず、すべての救急患者を受け入れて、初期診療を提供する施設のことです。

山下智久さん、新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、比嘉愛未さん、浅利陽介さんが出演し、シリーズ化されているフジテレビ系列の人気ドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』の世界を思い浮かべると分かりやすいでしょう。

今明秀さんは、八戸市立市民病院の救命救急センターを進化させ、国内屈指の救命救急センターを作り上げました。

一人でも多くの人の命を守るために尽力している今明秀さんの素顔に迫ります。



今明秀ってどんな人?

今明秀さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 今明秀(こんあきひで)

【生年月日】 1958年

【出身地】 青森県

【最終学歴】 自治医科大学卒業

【職業】 八戸市立市民病院の院長・ER救命医

今明秀さんの凄さは、経歴を見れば一目瞭然です。

自治医科大学を卒業後、青森県立中央病院で2年間の臨床研修をしていた際、暴漢に刺された女性が搬送されてきましたが、研修医であった今明秀さんはほとんど何もできず、他の外科医の到着を待っている間に、患者の女性は弱り、手術中に息を引き取りました。

命を救えなかったことに苦悩する日々の中、研修期間の2年を終えます。

そして、三戸郡倉石村診療所や公立野辺地病院、六戸町国保病院で、5年間の僻地診療を担当しましたが、そこで、救命救急の必要性と研修医時代に助けられなかった女性のことを思い出したのです。

青森県立中央病院救命救急センター、下北医療センター国保大間病院、公立野辺地病院で、8年間、外科医として勤務した後、1998年、本格的な救急医療を学ぶために、日本医科大学救急医学教室に入局し、川口市立医療センターの救命救急センターで勤務しました。

2004年に、八戸市立市民病院の救命救急センター所長に就任すると、2011年には副院長になり、2017年からは院長として活躍中です。

2018年2月時点で、今明秀さんは59歳の院長ですが、今でも現場に駆け付け、手術も執刀しています。



八戸市立市民病院 救命救急センター

今明秀さんが院長を務める病院は、『八戸市立市民病院』です。

今明秀さんは、人命を助けられる確率を少しでも高めるために、ドクターヘリとドクターカーを同一場所に急行させる『サンダーバード作戦』を確立しました。

また、地元大学と共同で、日本初の移動手術車を開発し、2016年に導入しています。

今明秀さんにより、八戸市立市民病院の救命救急センターは、日本トップの救命救急センターになったのです。

さらに、患者が病院をたらい回しされることがないように、『八戸市立市民病院』だけで、ほぼすべての傷病に対応できるようにしました。

今明秀さんは、医者の鑑のような人なのです。


関連記事

グーグルがスポンサーの月面探査レースに参加しているHAKUTOが、ロケット打ち...


吹浦忠正さんは、1964年の東京オリンピック当時、大学生でありながら、国旗の製...


ビデオリサーチ社が年2回実施している「テレビタレントイメージ調査」の結果が発表...


山勢拓弥さんは、カンボジアでゴミ山を漁る人々を見て衝撃を受け、その人たちを救う...


2016年12月1日に年末恒例の「2016ユーキャン新語・流行語大賞」の大賞と...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です