芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » 未分類 » 邪馬台国は徳島にあった?『卑弥呼フェス』で九州説・畿内説に挑む

邪馬台国は徳島にあった?『卑弥呼フェス』で九州説・畿内説に挑む


竪穴式住居

狩猟中心の生活をしていた縄文時代を経て、縄文時代後半から稲作が広まり、身分の差が生まれました。

そして、弥生時代、女王卑弥呼が治める邪馬台国が誕生したのです。

中国の魏志倭人伝の記述や、福岡県志賀島で発見された『漢委奴国王印』の最後の所有者が卑弥呼であったと考えられていることから、邪馬台国や卑弥呼が存在していたことは確かですが、現在でも邪馬台国があった場所は分かっていません。

長年に渡り、九州説と畿内説(京都付近)が繰り広げられている状況です。

そんな中、徳島県が邪馬台国があった場所に名乗りを上げました。



徳島県に邪馬台国があったとする根拠は?

2019年9月、『若杉山辰砂採掘遺跡』が国の史跡に指定される見通しということで、徳島商工会議所青年部が町おこしとしてアピールを始めました。

「辰砂(しんしゃ)」とは赤色の鉱石のことで、すり潰すと朱色の原料となります。

魏志倭人伝に、この辰砂を日本から献上されたと記されているため、徳島商工会議所青年部がアピールの材料にしたのです。

また、2018年調査により、遺跡の坑道跡から弥生時代後期の特徴を持つ土器片が見つかり、卑弥呼の時代から辰砂が採掘されていた可能性が高まったことも、後押ししました。

町おこしのアピールなので、九州説と畿内説には信憑性で劣ります。



『第1回卑弥呼フェス』の日時・場所・入場料は?

徳島商工会議所青年部は町おこしとして、2019年9月22日、23日に『第1回卑弥呼フェス』を開催します。

名称第1回卑弥呼フェス
日にち2019年9月22日、23日
時間10:00~17:00
場所藍場浜公園(徳島県徳島市藍場町1丁目7)
入場料無料

「卑弥呼グランプリ」「オカルト研究家・山口敏太郎さんによるトークショー」「ご当地アイドル・Babydollsのライブ」などのイベントがあるので、興味のある方は行ってみると良いでしょう。


関連記事

工藤極さんは、元・天皇の料理番で、「昭和天皇皇后両陛下の日常の食事」や「園遊会...


嫁ニーさんは、日本テレビ系列『月曜から夜ふかし』に不定期で出演し続けている沖縄...


岩本悠さんは、少子化により存続が危ぶまれた島根県立隠岐島前高校を再生させた手腕...


山勢拓弥さんは、カンボジアでゴミ山を漁る人々を見て衝撃を受け、その人たちを救う...


能津喜代房さんは、遺影専門の写真家です。能津喜代房さんが遺影専門写真家になった...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください