芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » ダフネ・セルフ、88歳の現役スーパーモデルの美の秘訣

ダフネ・セルフ、88歳の現役スーパーモデルの美の秘訣


モデルと言えば、若くて見栄えのいい人がするものという印象が強いですが、イギリス在住のダフネ・セルフさんは88歳という世界最高齢のスーパーモデルというから驚きです。

ギネス記録にも認定されており、正真正銘の世界最高齢現役スーパーモデルということになります。

このダフネ・セルフさんが20年ぶりに来日し、自叙伝「人はいくつになっても、美しい」(幻冬舎)のトークショーやテレビ番組に出演しています。

2016年9月5日のフジテレビ系列「とくダネ!」のインタビューでは、次のような内容の発言をされていました。

「私は手が汚い」

「若い頃から汚いの」

「でも、料理やガーデニングが得意なの」

実際、ダフネ・セルフさんを見ると、テレビ越しでもシワの深さやシミの多さが見て取れますが、シワもシミも隠すことなく露出しています。

確かに一般的な88歳と比べるとかなり若く見えますが、彼女の美の秘訣は、外見の美しさだけでなく、内面にある自信からくるものなのでしょう。

そんなダフネ・セルフさんに憧れる女性が急増しています。



ダフネ・セルフの経歴

ダフネ・セルフさんは若い頃にモデルをしていましたが、結婚を境に辞めます。

しかし、夫との死別を切っ掛けに、60歳から再びモデルのお仕事を始めました。

最初はなかなか注目を浴びることができなかったのですが、70歳で人気ファッション・ライフスタイル雑誌であるVouge(ヴォーグ)で特集されると、一気に有名となり、今の活躍に至っています。

さすがに、これだけ高い年齢でスタートして成功するのは難しいと思いますが、いくつになっても挑戦できるという夢を見させてくれますね。

今の日本は高齢者社会を迎えているので、ダフネ・セルフさんに勇気づけられる方やその影響を受けて何かにチャレンジする方も出てきそうです。



ダフネ・セルフが否定していること

ダフネ・セルフさんは、年齢を重ねることが悪いことだとは思っておらず、シワやシミも経験の表れと捉え、それらを隠すことなくモデルとして活躍しています。

したがって、写真加工でキレイに見せたり、整形で美しくなることもやり過ぎは良くないと否定しています。

確かに、外見だけ良くても、内面を伴わなければ意味がありませんね。


関連記事

南雲穂波さんは、ミス東大2016で準グランプリに輝いた女子大生です。しかし、そ...


ルウト(ROOT)さんは、ファッションモデルであり、バラエティー番組やドラマに...


岡田紗佳さんは、モデルやタレントとして活動していますが、さらにプロ雀士にもなり...


俳優・松田龍平さんの妻である太田莉菜さんが、子育てを放棄し、若手俳優と不倫関係...


みくぴさんは、渡辺直美さんそっくりの女子高生です。渡辺直美さんを尊敬し、ものま...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です