芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » HIDEBOH 座頭市のタップダンサー!本名・プロフィール・動画

HIDEBOH 座頭市のタップダンサー!本名・プロフィール・動画


タップダンスは、18世紀に、ダンスでドラムを打ち鳴らすことを禁止されたアメリカ南部の黒人が、ドラムの代わりに足を踏みつける音でリズムを刻んだことから生まれました。

現在では、映画やミュージカル、ショーなどで披露されており、世界的にその地位を確立してます。

しかし、日本ではあまり浸透していません。

そんな日本にあって、タップダンスをしている有名人と言えば、北野武(ビートたけし)さんを思い付くでしょう。

そして、北野武さんのタップダンスに深く関りがあるのが、日本を代表するタップダンサー・HIDEBOHさんなのです。

知られざるHIDEBOHさんの素顔に迫ります。



HIDEBOHってどんな人?

HIDEBOHさんのプロフィールは、次のとおりです。

【芸名】 HIDEBOH(ひでぼう) ※本名:火口秀幸(ひぐちひでゆき)

【生年月日】 1967年10月7日

【出身地】 東京都世田谷区

【血液型】 O型

【趣味】 映画鑑賞

【特技】 タップダンス、歌、トーク

【高校】 私立國學院大学久我山高等学校卒業

【職業】 タップダンサー

【事務所】 よしもとクリエイティブ・エージェンシー

HIDEBOHさんの本名は、火口秀幸(ひぐちひでゆき)と言います。

父・火口親幸さんは、大阪松竹歌劇団で振付指導をしており、母・火口弘子さんは、舞台やTVでタップダンスを披露していました。

両親がタップダンサーという環境もあり、6歳の時に、両親のダンススタジオで自然とタップダンスを始め、それが天職になっています。

1986年頃から、何度かタップダンスの本場であるアメリカに修行に行きましたが、そこでTRFのSAMさんと出会い、ストリートダンスを習ったことをきっかけに、SAMさんやDJ KOOさんと一緒に仕事する機会を得ました。

さらに、タップダンスのテクニックを認められ、ジャニーズ所属アイドルの振り付けや、諸星和己さんのソロツアー『一匹狼』の振り付けなどを担当すると、2003年には、北野武監督の映画『座頭市』で、タップダンスの振付・指導・出演を担当することになったのです。

『座頭市』の終盤に訪れる農民たちのタップダンスシーンが大絶賛されたことは、言うまでもありません。

不運にも、父・火口親幸さんは、重度の糖尿病を患って踊れなくなり、2003年3月、放映半年前に亡くなったため、息子の晴れ舞台を観ることができませんでした。

そして、2015年の舞台『海に響く軍靴』では、12年ぶりにHIDEBOHさんと北野武さんがタッグを組んで注目を集めています。

以前は、松竹演芸場で働く父親を訪ねて来たHIDEBOHさんを可愛がっていた北野武さんですが、そのタップダンスに魅了され、今ではHIDEBOHさんの弟子です。

このように、HIDEBOHさんは凄いタップダンサーなのですが、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属し、2018年に結成されたアイドルグループ『吉本坂46』に所属しているという点でも異色の存在でしょう。

ちなみに、HIDEBOHさんにはおねぇ疑惑がありますが、それは否定しており、2011年3月には真奈美さんという女性と結婚し、その後、子供を授かっています。



HIDEBOHのタップダンス動画

HIDEBOHさんのタップダンス動画を紹介します。

ぜひ、お楽しみください。

Legend Tokyo Chapter.5 | HIDEBOH | title 希望への生命の音

HIDEBOH Sound Cream Steppers 20th Anniversary

高速ステップが凄いですね。

聴いて楽しめ、観て楽しめます。


関連記事

タレントの福島和可菜さんは、フルマラソンで3時間を切る記録を出した、芸能界のマ...


磯田道史さんは、歴史学者とし活動する他、歴史に関するテレビ番組で解説したり、作...


2017年12月23日放送のテレビ朝日系列『ビートたけしの超常現象(秘)Xファ...


けうけげんさんは、NHK『着信御礼!ケータイ大喜利』の歴代レジェンドの一人であ...


安藤桃子さんは、奥田瑛二さんと安藤和津さんの長女で、映画監督です。東京育ちであ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください