芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 石川県珠洲市の『塩』通販情報!満天 青空レストラン

石川県珠洲市の『塩』通販情報!満天 青空レストラン


塩釜

2021年8月28日放送の日本テレビ系列『満天 青空レストラン』の食材は、石川県珠洲市のです。

MCの宮川大輔さんとゲストであるV6・長野博さんが、海水を汲むお手伝いをし、『珠洲の塩』を使った塩ラーメンや塩レモン、塩麻婆豆腐などの美味しい料理に舌鼓を打ちました。

『珠洲の塩』に迫ります。

石川県珠洲市の『塩』情報

石川県珠洲市は能登半島の先端にある市で、海水がキレイでミネラルが多いため、昔から塩の生産が盛んです。

いつから塩を作り始めたか定かでないくらいその歴史は古く、最初は土器を使って塩を生産していました。

現在、石川県珠洲市では、500年以上前の江戸時代から続く『揚げ浜式製塩』で塩が作られていますが、この製法で塩作りしているのは石川県珠洲市しかありません。

『揚げ浜式製塩』での塩作り手順

  1. 海水を汲んで大きな桶に溜める
  2. 桶に溜まった海水を塩田に撒く
  3. 細攫え(こまざらえ)と呼ばれる道具で砂に溝を付けて乾燥しやすくする
  4. 塩の結晶が付いた『カン砂』を集める
  5. 垂舟(たれふね)と呼ばれる木製の箱を組み、その中に『カン砂』を入れる
  6. 『カン砂』を入れた垂舟に海水を入れ、『カン砂』に付いた塩の結晶を垂舟下部にある溜池に溜める
  7. 垂舟を解体して砂を塩田に広げ、翌日の準備をする
  8. 溜池に溜まった『かん水』を平釜で約6時間煮詰める
  9. 濃縮した『かん水』を一日冷ましてろ過する
  10. ろ過した『かん水』を16時間焚いて水分を蒸発させる
  11. 苦汁と不純物を取り除いて完成

『揚げ浜式製塩』で作られた「珠洲の塩」は、辛みが少なく、旨味と甘みがあるのが特徴です。

石川県の『珠洲の塩』通販

石川県産の『珠洲の塩』は、楽天でも販売されています。

いろんな料理に使って、『珠洲の塩』の美味しさを実感してください。


関連記事

高梨智樹さんは、国内大会で優勝経験を持つドローンパイロットです。父親と共に国内...


2016年12月4日放送の日本テレビ系列「世界の果てまでイッテQ!」は、「カレ...


大阪市天王寺区にある『ジオラマ食堂 てつどうかん』は、コロナ禍による経営難を保...


2018年5月16日放送の『ナカイの窓』は、『エイベックス』です。所属タレント...


2019年4月9日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』は、元AKB4...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください