芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 激レアさん!花田虎上 元横綱でアメフト挑戦した結果は?

激レアさん!花田虎上 元横綱でアメフト挑戦した結果は?


アメフト

2018年1月22日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、花田虎上さんです。

花田虎上さんは、さまざまな出来事で世間を騒がせてきた一人であり、現在は、実業家、タレント、スポーツキャスターとして活躍しています。

そんな花田虎上さんは、元大相撲力士であり、若乃花勝として第66代横綱にまで上り詰めた人物ですが、相撲引退後にアメフトに挑戦というレアな経験をしているのです。

しかし、その話をあまりしていないので、花田虎上さんのアメフト挑戦の結果を知る人はほとんどいません。



花田虎上ってどんな人?

花田虎上さんのプロフィールは、次のとおりです。

【芸名】 花田虎上(はなだまさる) ※本名:花田勝

【生年月日】 1971年1月20日

【出身地】 東京都中野区

【血液型】 B型

【高校】 明治大学付属中野高等学校中退

【職業】 実業家、タレント、スポーツキャスター

花田虎上さんは、元大関の貴ノ花と女優の藤田紀子さんの長男として生まれ、弟の貴乃花と共に相撲の道に進みます。

そして、若貴フィーバーを起こすと、その勢いに乗り、兄弟揃って横綱に上り詰めました。

2000年に引退して、「年寄・藤島」を襲名し、父親に「2年間外の世界を見させてくれたら、協会に残ることを考えたい」と告げるも、結局、そのまま相撲界を去ることに。

しかし、タレントやスポーツキャスターへの転身、兄弟絶縁状態の確執、ちゃんこ店経営、元JALのCA・花田美恵子さんとの離婚、一般女性との再婚など、話題は尽きません。



花田虎上のアメフト挑戦の結果はどうなった?

中学校の相撲部に所属していた花田虎上さんは、ある日、監督が休みの日に、先輩たちが座布団を体に巻き付けた『座布団アメリカンフットボール』をやり始め、自分もプレーすることになります。

この時、ぶつかり合う衝撃に感動してアメフトに興味を持ち、NFLの試合を観るようになりましたが、人生に逆らうことはできず、高校進学後に中退し、相撲の世界に入りました。

親方に「横綱になったら辞めさせてやる」と言われ、相撲を辞めるために頑張り、実際に横綱になったのだから驚きです。

「相撲を辞める」という気持ちの強さと運動能力の高さが分かるでしょう。

実際、相撲部屋に見学に来たアメフト関係者により、相撲協会に問い合わせがあったそうですが、花田虎上さんは引退後にその話を聞いています。

そして、横綱になって2000年に引退すると、すぐにスポーツキャスターになりました。

しかし、しゃべれなかったので悩み、4本のレギュラー番組をすべて降板して、アメフト選手になるためにアリゾナのトレーニングセンターに行ったのです。

相撲とアメフトの違いに戸惑いながらも練習していると、スカウトマンの老人がテストしてくれて、「うちのチームに来ないか?」と誘われましたが、その前に実践経験を積むように言われます。

そこで、2001年、日本の社会人アメリカンフットボールリーグであるXリーグの『オンワードスカイラークス』に入部したのです。

花田虎上さんは、以前からNFLが好きだったのでアメフト挑戦となった訳ですが、ワイドショーでこのニュースが報道されると話題になりました。

ただ、これ以上報道されることはなかったので、これ以降のことを知る人はあまりいません。

花田虎上さんは、2002年にNFLの登竜門であるアメリカの室内プロフットボールリーグ(AFL)1部『アリゾナ・ラトラーズ』の入部を目指してキャンプに参加し、2回目のテストで合格しましたが、就労ビザが取れずに断念しています。

このことにより、挑戦せずしてNFLの夢も断たれることになりました。

アメフトでは結果を残せなかった花田虎上さんですが、その後、実業家、タレント、スポーツキャスターとして、現在も第一線で活躍しています。


関連記事

2017年4月25日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト東大うどん部は、う...


2018年4月17日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト中野瑞樹さんは、長...


2017年7月4日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト渡邉直太さんは、ジェ...


伊藤圭さんは、父親から引き継ぎ、『三俣山荘』と『水晶小屋』を経営しています。事...


2018年7月4日放送の『ナカイの窓』は、『スポーツジム』です。肉体自慢の5人...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください