芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 激レアさん!加藤隆生のプロフィール、リアル脱出ゲーム誕生秘話

激レアさん!加藤隆生のプロフィール、リアル脱出ゲーム誕生秘話


 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

加藤隆生(@ohoho1974)がシェアした投稿

2020年1月11日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、リアル脱出ゲームの創始者である加藤隆生(カトウタカオ)さんです。

リアル脱出ゲームを実際にやったことがない方でも、どのようなものか内容を大体知っているのではないでしょうか?

リアル脱出ゲームとは、学校や廃病院などを舞台とした体験型の脱出ゲームで、今や全世界で600万人が楽しんでいます。

この「リアル脱出ゲーム」は、株式会社SCRAPが商標登録しており、他の企業は使用できません。

そして、SCRAPの代表取締役社長・加藤隆生さんこそ、リアル脱出ゲームを考案した人物なのです。

加藤隆生さんの素顔とリアル脱出ゲーム誕生秘話に迫ります。



加藤隆生ってどんな人?

加藤隆生さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 加藤隆生(かとうたかお)

【生年月日】 1974年9月14日

【出身地】 岐阜県生まれ、京都育ち

【高校】 堀川高等学校卒業

【最終学歴】 同志社大学心理学部卒業

【職業】 『株式会社SCRAP』の代表取締役社長

京都で育った加藤隆生さんは、堀川高校、同志社大学心理学部と進学し、大学時代はバンド活動に精を出していました。

「将来は音楽で食べていけたら」と考えていましたが、親に「一度は就職して欲しい」と頼まれ、仕方なく、大学卒業後は京都の印刷会社に就職します。

しかし、営業の仕事は肌に合わず、2年で退職すると、2002年1月、29歳の時に『ロボピッチャー』というバンドを結成し、その後はフリーランスのライターや作詞家として活動しました。

そして、2004年7月に、バンドの宣伝のためにフリーペーパー『SCRAP』を創刊します。

さらに、2007年に謎解きイベント『リアル脱出ゲーム』を京都で開催したところ、大人気となったのです。

この成功を受けて、2008年7月に株式会社SCRAPを設立すると、拠点を東京に移し、さらに海外でも大成功を収めるに至っています。



加藤隆生のリアル脱出ゲームが誕生したきっかけ

加藤隆生さんは、少年探偵団に憧れ、友達たちと少年探偵団を結成するような少年でした。

そんな加藤隆生さんは成長すると、19歳の時に仲が良い従兄弟2人と一緒に祖母の家で宝探しゲームを始めます。

当初、仕方なく参加していた従兄弟2人もドハマりしました。

すると、他の従兄弟たちも参加して約10人で宝探しゲームをするようになり、さらに、その様子を見ていた親や祖父母も参加し、やがて加藤家によるお正月恒例の宝探しゲームとなったのです。

その時には、5チームが京都を舞台に車を使って謎解きするゲームとなっており、勝利チームにはお金がもらえました。

その後、友達の間にも広まりましたが、惜しまれつつも2001年に終了します。

バンドが売れずに悩んでいた加藤隆生さんは、この加藤家の宝探しゲームをきっかけにリアル脱出ゲームを思いつき、見事に大成功を収めたのです。

リアル脱出ゲームの本

SCRAPが出版しているリアル脱出ゲームの本をいくつか紹介します。

5分間リアル脱出ゲーム人生
5分間リアル脱出ゲーム
5分間リアル脱出ゲームR

ぜひ、リアル脱出ゲームの興奮を味わってください。


関連記事

2017年5月4日の「アメトーーク!」は、「アンジャッシュ大好き芸人」です。5...


2018年1月7日の『アメトーーク!』は、『世界ラリー』です。世界ラリー好きな...


2016年12月25日放送の日本テレビ系列「世界の果てまでイッテQ!」は、「ロ...


2018年2月20日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト伊藤光さんは、全国...


2018年2月13日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト林田真明さんは、小...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください