芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 国道16号線マニア・柳瀬博一のプロフィールと本

国道16号線マニア・柳瀬博一のプロフィールと本


国道16号線

2021年11月30日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、「国道16号線の世界」です。

みなさんは国道16号線を知っていますか?

国道16号線は東京の郊外をぐるりと巡る全長約330kmの環状道路なのですが、近くに住んでいる人や利用している人以外、全く知らないと思います。

ゲストの柳瀬博一(やなせひろいち)さん曰く、「国道16号線は日本を創った道」とのこと。

そこで、国道16号線マニアである柳瀬博一さんがその魅力を教えてくれました。

柳瀬博一ってどんな人?

柳瀬博一さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 柳瀬博一(やなせひろいち)

【生年月日】 1964年

【出身地】 静岡県

【趣味・特技】 国道16号線巡りと研究

【高校】 静岡県立浜松西高等学校卒業

【最終学歴】 慶應義塾大学経済学部卒業

【職業】 『東京工業大学リベラルアーツ研究教育院』の教授

静岡県出身の柳瀬博一さんは、県内有数の進学校である静岡県立浜松西高校を卒業後、慶應義塾大学経済学部に進学した秀才です。

大学卒業後は、『日経マグロウヒル社(日経BP社)』に入社し、記者・編集者として活躍した後、出版局で書籍編集の業務に従事しました。

そして、 2006年にスタートした日経ビジネスオンラインの立ち上げに参画し、2008年からは広告プロデューサーを務めます。

2018年3月に『日経BP社』を退社し、現在は、『東京工業大学リベラルアーツ研究教育院』の教授やラジオパーソナリティとして活躍中です。

柳瀬博一の本『国道16号線:「日本」を創った道』

国道16号線は、神奈川・東京・埼玉・千葉を通る全長約330kmの環状道路で、東京を囲むように存在しています。

一見するとどこにでもあるような道なのですが、柳瀬博一さん曰く、「旧石器時代に人々が移り住んだ」「武士が利用していた」「源頼朝が制した」「徳川家康が江戸を造る拠点にした」「養蚕と生糸が栄え、明治時代の富国強兵・殖産興業に繋がった」「戦後に米軍基地が造られ、アメリカ文化が普及した」「東京のベッドタウンとなった」「ユーミンさんなど多くのミュージシャンの曲の舞台となった」など、国道16号線は日本国の発展に大きく貢献したそうです。

柳瀬博一さんは、この国道16号線に魅了され、今までに163周もしているというから驚きます。

そして、好きが高じて国道16号線に関する本まで出版してしまいました。

柳瀬博一さんが日本一の国道16号線マニアであることは間違いありません。

【同日放送】 カボチャが主食!宮本雅代・宮本香二が経営するスイーツ専門店『カボチャ』


関連記事

2022年7月5日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・ニコラシャールさん...


2020年10月26日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト...


2016年11月1日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト瀧澤信秋さんは、日...


2018年9月5日放送の『ナカイの窓』は、『アニメ』です。アニメ制作に携わる監...


2017年7月25日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト上田悠貴さんは、そ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください