芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » ギャル4人組が沖縄でシュノーケリング中に離岸流に流されて16時間漂流

ギャル4人組が沖縄でシュノーケリング中に離岸流に流されて16時間漂流


シュノーケリング

2021年11月22日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、海水浴中に仲良しギャル4人組で16時間も漂流し、奇跡的に生還できた女性です。

海での事故は命に関わるため注意が必要ですが、ギャル4人組は注意を怠ったために命の危機に陥りました。

しかし、16時間も漂流しながら運良く生還を果たしたのです。

ギャル4人組が離岸流に流されて海難事故に遭い、16時間漂流の末に奇跡的に救助された経緯に迫ります。

ギャル4人組が16時間海を漂流し、無事に生還を果たした経緯

当時21歳でギャルだった熊代貴代加(クマシロキヨカ)さんは、関西の専門学校時代からの友達であるサエさん(20歳)、アキさん(21歳)と共に石垣島に観光旅行に行き、そこで知り合ったヨシコさん(30歳)と仲良くなりました。

ギャル4人組は、波が高くて遊泳注意の看板が出ていることに気付きながら、「足のつく浅瀬なら大丈夫!」と判断し、2011年8月22日16時頃、石垣市川平の吉原海岸でシュノーケリングを始めます。

当然、波浪注意報が出ていました。

すると、海に入って3分ほどで強い離岸流に流されてしまったのです。

流れに逆らって泳ぎましたが、離岸流の流れが強過ぎて全くの無力で、あっという間に沖合200mまで流されてしまいました。

4人で集まって泳ぎ続けたものの、体力の限界が近づき諦めかけます。

その時、幸運にも30cm四方の発泡スチロールが流れてきて、これを浮き代わりに泳ぎ続けることができたのです。

4人が漂流した場所は、漂流ごみが集まる潮目と呼ばれる場所だったことが、4人の命を繋ぎとめました。

夜になり、海水温が低下して手足が動かない状態になりましたが、それでも諦めることなく海を漂い続け、翌朝、「助けて!」という叫び声が散歩中の男性に届き、23日9時頃、約200mの沖合で消防隊員に救助されるに至っています。

16時間に渡り海を漂流し、4人全員無事に生還を果たしたのは奇跡です。

【同日放送】 トマト嫌いの曽我新一が金賞受賞!『曽我農園』の場所、トマトの通販・販売


関連記事

2021年5月17日放送のNHK総合1『逆転人生』のゲスト・佐藤正樹さんは、糸...


2022年4月2日放送の日本テレビ系列『満天 青空レストラン』の食材は、宮城県...


2021年8月10日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・安東弘樹さんは、...


2016年11月24日の「アメトーーク!」は、「ハリセンボン同期芸人」です。い...


2017年7月13日の『アメトーーク!』は、『トリオ芸人』です。5組のトリオ芸...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください