芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 社会起業家・川口加奈のプロフィール!ホームレス支援

社会起業家・川口加奈のプロフィール!ホームレス支援


女性

2022年3月15日放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、社会起業家の川口加奈(かわぐちかな)さんです。

社会起業家とは、社会問題を事業により解決する職業のことを指します。

川口加奈さんが力を入れている社会問題はホームレスで、今までに多くのホームレスを助け、今後も多くのホームレスを助けていくことは間違いありません。

尊敬に値する川口加奈さんの素顔に迫ります。

川口加奈ってどんな人?

川口加奈さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 川口加奈(かわぐちかな)

【生年月日】 1991年1月7日

【出身地】 大阪府高石市

【中学・高校】 私立大阪女学院中学校・高等学校卒業

【最終学歴】 大阪市立大学経済学部卒業

【事務所】 社会起業家、『認定NPO法人Homedoor』の理事長

14歳の時にホームレス問題に直面した川口加奈さんは、大阪市立大学経済学部在学中に『認定NPO法人Homedoor』を立ち上げ、理事長としてホームレス問題に取り組み始めました。

現在までに2000名以上のホームレスを就労面・生活面で支援しています。

その実績が認められ、日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019」、フォーブス誌による日本を変える30歳未満の30人「30 UNDER 30 JAPAN」、日本青年会議所主催の「第31回人間力大賞グランプリ・内閣総理大臣奨励賞」など、数々の賞を受賞済みです。

川口加奈がホームレス問題解決に取り組む理由

大阪府高石市出身の川口加奈さんは、14歳だった中学生2年生の冬に初めて炊き出しに参加し、ホームレス問題に接しました。

そして、高校生の時に夜回り活動でホームレスのおっちゃんと出会ったことで、その後の人生が決まります。

そのおっちゃんは高校生だった川口加奈さんに優しく話しかけてくれたそうで、「会社を経営していたものの、親会社の倒産に巻き込まれて自分の会社も倒産し、多額の借金を抱えたことで、家族に迷惑を掛けられないと、離別。日雇労働者となるも、心臓が弱くて働けず、ホームレスになってしまった」と、身の上話をしてくれました。

ある日、おっちゃんの口から「わしにもできる仕事ないかな」と飛び出した言葉を聞き逃さなかった川口加奈さんは、63歳でも働ける仕事を探しましたが見つかりません。

さらに、「仕事で必要な携帯電話の料金を払えるのか?」「携帯電話の契約をできるのか?」「給料日までの生活費はどうするのか?」「交通費はどうするのか?」と、ホームレスが働くには多くの問題を解決しなければならないことを知ります。

結局、良い情報がなく、おっちゃんにどう説明しようか迷いながら翌月の夜回りに参加しましたが、おっちゃんは見当たりませんでした。

そこで、近くにいたホームレスにおっちゃんのことを聞くと、「こないだ亡くなったで」と教えられ、大きな衝動を受けたのです。

このことをきっかけに、川口加奈さんは「ホームレスがいつでも脱出できる社会にしたい!」と強く願い、大阪市立大学経済学部在学中に『認定NPO法人Homedoor』を設立しました。

ホームレスの7割が自転車修理を得意としている点に目を付け、『シェアサイクルHUBchari(ハブチャリ)』の事業を開始し、2018年からは18部屋の個室型宿泊施設『アンドセンター』の運営を開始して、現在の売り上げは年間5千万円です。

今までに支援したホームレスは2000名ですが、今後も多くのホームレスを助けていくことでしょう。


関連記事

2022年4月11日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは...


2020年11月24日放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、中華料...


2022年3月12日放送の日本テレビ系列『満天 青空レストラン』の食材は、愛知...


2022年1月10日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは...


2016年11月20日放送の日本テレビ系列「世界の果てまでイッテQ!」は、「宮...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください