芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 整備士・福田博之!軽トラを改造してカウンタック、ロードスターでマッハ号

整備士・福田博之!軽トラを改造してカウンタック、ロードスターでマッハ号


自動車整備士

2022年1月24日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、子どもの頃からの憧れが抑えられず、軽トラを魔改造して、手作りで超高級スーパーカーを作った福田博之(フクダヒロユキ)さんです。

「軽トラを改造してスポーツカーを作れるのか?」と疑問に思う人は多いでしょうが、優れた自動車整備士であり、子供の頃から「スポーツカーが欲しい!」と思い続けた福田博之さんは実際にその夢を実現しました。

しかし、プロであっても容易ではなく、とんでもなく長い期間と莫大な費用を要してスポーツカーを所有するという夢を実現しています。

福田博之さんの素顔と軽トラ等を改造してスポーツカーを作った経緯に迫りました。

福田博之ってどんな人?

福田博之さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 福田博之(ふくだひろゆき)

【生年月日】 1965年

【出身地】 群馬県富士見村(現・前橋市)

【趣味】 スポーツカー

【特技】 車の改造

【高校】 渋川工業高等学校卒業

【職業】 自動車整備士、自動車整備工場『福田モータース』の経営者

福田博之さんは群馬県富士見村(現・前橋市)出身で、渋川工業高校卒業、日本自動車連盟(JAF)職員を経て、父親が前橋市で経営する自動車整備工場『福田モータース』働き、後に事業を引き継ぎました。

改造したスポーツカーを乗っていることで地元で有名になり、テレビ朝日系列『ナニコレ珍百景』など全国放送のテレビでも取り扱われる存在になっています。

福田博之が軽トラを改造してカウンタックを作った経緯

福田博之さんは1965年生まれで、小学生の時にスーパーカーブームが到来したスーパーカー世代です。

小学生の頃に、地元で開催されたスーパーカーの展示会に行った際にランボルギーニ・カウンタックに魅了され、また、テレビでアニメ『マッハGoGoGo』を観て心躍らせました。

その後、渋川工業高校に進学して自動車研究部に所属すると、車を改造して校内で走らせ、高校卒業後は日本自動車連盟(JAF)職員を経て、父親が経営する自動車整備工場『福田モータース』で働き始めます。

そして、1998年11月にアメリカ・ラスベガスで開催された世界最大級の改造車の見本市『SEMAショー』を見に行き、改造車の可能性を実感すると、「買えないなら自分でランボルギーニ・カウンタックを作ろう!」と決意したのです。

ランボルギーニ・カウンタックのミニカーで採寸し、工場にあった『スバル・サンバートラック(排気量360cc)』という古い軽トラを土台にして、苦労しながらも1993年3月から3年以上かけて2002年夏に完成しました。

その名も、『サンバルギーニ・コカウンタック LO360』です。

一度は自動車検査登録事務所に断られましたが、10年後の2013年に相談し、同年8月に自動車登録され、無事に公道を走らせることができるようになりました。

すると、今度は『マッハGoGoGo』のマッハ号を作りたくなり、プラモデルで採寸して、マツダのオープンカー『ユーノス・ロードスター』をベースにマッハ号の製作を始めます。

試行錯誤しながらも、2002年8月から15年かけて2017年春に完成し、抽選で『-55』のナンバープレートも取得しました。

マッハ号に乗る際は、主人公・三船剛のコスプレ姿で楽しんでいます。

【同日放送】 『ギャル式ブレスト』考案者・バブリー(竹野理香子)のプロフィール


関連記事

2016年10月3日放送の「スマスマ・ビストロスマップ」のゲストは、小池百合子...


村上塁さんは、『ハドソン靴店』の2代目店主です。凄腕の靴修理職人として全国から...


2019年1月1日放送のABC朝日放送『芸能人格付けチェック2019!お正月S...


2022年6月4日放送の日本テレビ系列『満天 青空レストラン』の食材は、鹿児島...


2021年4月17日放送の日本テレビ系列『満天 青空レストラン』の食材は、京都...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください