芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 元ギャル榊萌美が赤字1000万円の老舗和菓子屋『五穀祭菓をかの』を再建

元ギャル榊萌美が赤字1000万円の老舗和菓子屋『五穀祭菓をかの』を再建


2022年12月5日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、ゴリゴリのギャルで遊んでばかりいたのに、突然赤字1000万円の老舗和菓子屋さんを継ぐことになり、奮闘した結果、ある変な癖のおかげでV字回復させることに成功した榊萌美(サカキモエミ)さんです。

経営難の家業を継いで再建に成功した人は少なからずいるでしょうが、榊萌美さんの場合、元ギャルで現在は凄腕の美人女将ということで注目を集め、テレビ番組やネット記事で何度も紹介されています。

そんな榊萌美さんの素顔とサクセスストーリー、お店、人気商品に迫りました。

榊萌美ってどんな人?

榊萌美さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 榊萌美(さかきもえみ)

【生年月日】 1995年3月2日

【出身地】 埼玉県桶川市

【血液型】 ※非公表

【身長】 158cm

【体重】 44.7kg

【高校】 東京聖徳大学深谷高等学校卒業

【最終学歴】 明星大学教育学部教科専門国語コース中退後

【事務所】 老舗和菓子屋『五穀祭菓をかの』の副社長・6代目女将、和菓子ブランド『萌え木』の代表

榊萌美さんは、挫折からギャルになり、反省して実家の老舗和菓子屋『五穀祭菓をかの』を継ぎました。

6代目女将で、2019年からは副社長も務めていますが、父・信明さんから職人には向いていないと反対されて経営に専念しています。

さらに、若い世代や世界にも和菓子を広めるために和菓子ブランド『萌え木』を立ち上げ、代表として活躍中です。

老舗和菓子屋『五穀祭菓をかの』6代目女将・榊萌美のサクセスストーリー

1887年(明治20年)創業の老舗和菓子屋『五穀祭菓をかの』の家に生まれた榊萌美さんは、幼い頃から「人のためになる仕事がしたい!」と思っており、家業を継ぐ気はありませんでした。

そのため、高校生の時に心理カウンセラーになることを考えますが、数学が苦手で断念し、得意な国語で先生になる目標に変えて明星大学教育学部教科専門国語コースに進学します。

しかし、大学の勉強について行けず、さらに、同級生とも仲良くなれず、次第に大学に行かなくなり、ギャルになってアパレルショップでアルバイト三昧の日々を過ごしました。

そんなある日、母親が入院して「お店の今後の経営をどうするか?」という話になると、偶然再会した同級生の母親から「お店、継がないの?小学校の卒業式でお店を継ぐのが夢だって言っていたのに」と言われることに。

全く記憶がありませんでしたが、卒業式のビデオを見返してみると、確かに小学生の自分が「お店を継ぎます」と宣言しているではありませんか!

その姿に感銘した榊萌美さんは家業を継ぐことを決意すると、大学2年生、20歳の時に学校を中退して老舗和菓子屋『五穀祭菓をかの』に入社しました。

すると、夕方に売れ残りを値引き販売する悪い点を見つけ、商品ロスを何とかできないか検討して、自分が昔から葛ゼリーを凍らして食べていたことから葛ゼリーをアイスにすることで賞味期限の短さを克服した『葛きゃんでぃ』の開発に成功したのです。

入社からわずか半年後、この『葛きゃんでぃ』を地元の祭りで販売すると大評判になり、1年後の2017年にはSNSで話題になったことでTBS系列『所さんお届けモノです』で紹介されて注文が殺到しますが、サーバーがぜい弱でダウンし、電話もパンクしてチャンスを活かせませんでした。

反省した榊萌美さんは経営塾に通って経営の勉強を始め、これがきっかけで渋る両親に無理やり決算書を見せてもらうと、1000万円の赤字が判明します。

そして、借金1000万円返済のために事業計画書を作り、まずは簡単にネットショップが作れる『BASE(ベイス)』で『葛きゃんでぃ』を売り始めると、SNSのフォロワーから注文がたくさん入り、幸運にも1ヶ月後に『所さんお届けモノです』が再放送されて注文が殺到しました。

ただし、1日で2,500件の注文が入り、発送に3ヶ月要する事態になったことで、従業員が一気に3人も辞めてしまうことに。

さらに、SNSで「パクリ」「潰れる」と榊萌美さんをバッシングするコメントを見る機会が増えて、精神的に追い込まれます。

それでも、葛を使ったアイスを販売している全国の和菓子屋から「『をかの』さんがテレビに出演したことで、うちの商品も売れました」と報告を受けたり、コロナ禍で経営難の葛問屋さんから感謝されて勇気づけられました。

こうして、榊萌美さんは『葛きゃんでぃ』で借金1000万円を返済し、10年間赤字だった経営を黒字に転換することに成功しています。

老舗和菓子屋『五穀祭菓をかの 本店』の場所・営業時間・定休日

榊萌美さんが6代目女将を務める老舗和菓子屋『五穀祭菓をかの 本店』の詳細情報は、次のとおりです。

店名老舗和菓子屋『五穀祭菓(ごこくさいか)をかの 本店』
住所埼玉県桶川市南1-6-6
電話048-771-1432
営業時間10:00~18:00
休日月曜日

老舗和菓子屋『五穀祭菓をかの おけがわマイン店』の場所・営業時間・定休日

老舗和菓子屋『五穀祭菓をかの おけがわマイン店』の詳細情報は、次のとおりです。

店名老舗和菓子屋『五穀祭菓(ごこくさいか)をかの おけがわマイン店』
住所埼玉県桶川市若宮1-5-2 おけがわマイン1F
電話048-787-6618
営業時間10:00~20:00
定休日年中無休

人気商品『葛きゃんでぃ』の紹介!通販は?

この投稿をInstagramで見る

五穀祭菓をかの【桶川】(@wagashi_wokano)がシェアした投稿

榊萌美さんが考案した『葛きゃんでぃ』は、葛粉や寒天を加えた和風アイスキャンディーで、シャリシャリの食感が特徴です。

『甘酒、苺ミルク、ホワイトレモン、小豆、みかん、パイン』の6種類の味があり、各味2本の12本セットが3,920円となっています。

五穀祭菓をかの』のオンラインショップからお買い求めください。

楽天市場やAmazonでも取り扱っていますが、人気があり過ぎてほぼ「売れ切れ」状態になっていて買えません。

また、和菓子ブランド『萌え木』の和菓子もオススメです。


関連記事

2020年7月21日放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、佐賀県で...


2019年10月19日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト...


2017年9月24日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』は、亀田史郎・...


葉一さんは、チャンネル登録者数100万人以上の教育YouTuberです。多くの...


2022年3月8日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・きょうこさんは、電...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください