芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。なお、本ページはプロモーションが含まれています。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 元プロ野球選手・近田豊年のプロフィール!高校から初めて野球選手になった

元プロ野球選手・近田豊年のプロフィール!高校から初めて野球選手になった


ピッチャー

2023年5月29日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、高校から野球を始めてプロ野球選手にまでのぼり詰めた近田豊年(チカダトヨトシ)さんです。

日本のプロ野球選手の数は約900人いるのですが、そのほとんどが小学校低学年・中学年から野球を始め、10年前後続けてプロ野球選手になっています。

しかし、中には野球の才能と運に恵まれて数年でプロ野球選手になっている人も極わずかですが存在しています。

近田豊年さんもその中のひとりで、抜群の運動神経を武器に、未経験ながら甲子園常連校の明徳義塾高校野球部に所属し、社会人野球を経て、プロ野球選手になりました。

野球道具なし、仲間なしの状態でひとり練習し続け、プロ野球選手にまでのぼり詰めた近田豊年さんの素顔に迫ります。

近田豊年ってどんな人?

近田豊年さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 近田豊年(ちかだとよとし)

【生年月日】 1965年12月11日

【出身地】 高知県宿毛市

【血液型】 B型

【身長】 176cm

【体重】 77kg

【趣味・特技】 野球、ゴルフ

【高校】 明徳義塾高等学校卒業

【職業】 『近田式駅前ゴルフスクール』の経営者

近田豊年さんは、未経験者でありながら明徳義塾高校に野球の特待生として入学し、社会人野球を経て、プロ野球選手になりました。

引退後はゴルフのレッスンプロに転身し、一時は社会人野球のコーチとして野球界に復帰しましたが、その後、再びゴルフのインストラクターになり、現在は評判である『近田式駅前ゴルフスクール』の経営者として大活躍中です。

近田豊年がひとり野球からプロ野球選手になった軌跡

近田豊年さんは、小学5年生くらいの時にテレビでプロ野球中継を観て、「右でも左でも投げるピッチャーがいないなぁ。自分がなりたい!」と思いました。

しかし、近田豊年さんが暮らしていたのは高知県宿毛市の『沖の島』という小さな島で、子供の数は少なく、野球道具もなかったのです。

そこで、「太平洋に向かって石を投げる」「島に流れ着いた軟式ボールを使って壁当てする」「左右で投げる練習をする」「右利き用のグラブを左手にハメてプレイする」といった野球の練習を一人でしながら、中学校では卓球と陸上をやっていました。

中学3年生の時点でひとり野球しかしていない未経験者の近田豊年さんでしたが、昼休みに壁当てしていたところ、たまたま学校に研修に来ていた中学野球連盟会長の目に留まり、左投げが速いということで、明徳義塾高校を紹介されます。

そして、明徳義塾高校の練習に参加して、石投げで鍛えた左腕と快速が評価されて、特待生として明徳義塾高校に入学できました。

こうして、明徳義塾高校野球部から野球人生をスタートさせ、左投げのピッチャーとして活動したものの、コントロールの悪さもあり、甲子園で投げたのは1983年の第55回選抜高等学校野球大会の初戦、青森北高戦の1イニングのみで終わることに。

それでも、高校卒業後も社会人野球の本田技研鈴鹿で野球を続けていると、社会人4年目の1987年にヤクルトのスカウトマンの目に留まり、それがきっかけで南海ホークスのテストを受けることができ、その際、「147km/hの速球」と「左右で投げることができる」とアピールしたことで、見事、ドラフト外で南海ホークスに入団できました。

近田豊年のプロ野球人生

高校から始め、7年後に南海ホークスでプロ野球人生をスタートさせた近田豊年さんの経歴は、次のとおりです。

近田豊年の所属チーム経歴

  • 明徳高等学校
  • 本田技研鈴鹿
  • 南海ホークス
  • 福岡ダイエーホークス(1988~1990)
  • 阪神タイガース(1991)
  • 1991年 引退

「日本人初のスイッチピッチャー」になり、プロ2年目には1Aサリナスへ野球留学して活躍しましたが、帰国しても南海ホークスでは2軍の試合にも出場できませんでした。

その後、福岡ダイエーホークス、阪神タイガースへ移籍しましたが結果を残すことはできず、プロ4年間で左で投げたのは1試合のみで、0勝0敗、防御率9.00という残念な結果を残して、1991年に引退しています。

近田豊年の挑戦

近田豊年さんは、「日本人初のスイッチピッチャー」でありながら、公式戦において右手で投げることができませんでした。

しかし、2022年にクラウドファンディングで資金を募り、同年10月12日に『わかさスタジアム京都』で「左右で投げて合計265km/h以上」というギネス記録に挑戦しています。

その結果ですが、左122km/h・右113km/h・計233km/hで、ギネス記録樹立には至りませんでした。


関連記事

2022年6月7日のTBS『マツコの知らない世界』のゲストである藤井美奈子さん...


2023年6月13日のTBS『マツコの知らない世界』のゲストである宮内元子さん...


2021年10月19日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・穴沢聖子さんは...


2017年5月5日放送、テレビ朝日「関ジャニ8のTheモーツァルト音楽王No....


稲葉達也さん・宮川将人さんは、農家でありながら兼業で猟師もしている農家ハンター...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください