芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。なお、本ページはプロモーションが含まれています。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » X(かける)キムチの通販は?大阪偕星学園高校キムチ部

X(かける)キムチの通販は?大阪偕星学園高校キムチ部


2024年1月22日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、『全国漬物グランプリ(学生の部)』に初出場して初優勝を果たし、開発した『X(かける)キムチ』の製品化にも成功した大阪偕星学園高等学校キムチ部の部長・栗川大輝(クリカワハルキ)さんと副部長・楊颯太さんです。

料理部のある高校はそこそこありますが、キムチ部があるのはおそらく大阪偕星学園高校だけでしょう。

しかも、あっという間に学生が作った漬物の日本一に輝き、製品化され、複数のテレビ番組やネットでも紹介されています。

大阪偕星学園高校キムチ部と開発した『X(かける)キムチ』に迫りました。

『大阪偕星学園高校キムチ部』の誕生秘話

大阪偕星学園高等学校(おおさかかいせいがくえんこうとうがっこう)は、大阪市生野区勝山南にある男女共学の高校で、偏差値は39~47です。

この大阪偕星学園高校の専務理事・太田尚樹さんは、「ITやAIなどの時代の先端を行く部活を創設したい!」と考えていましたが、心変わりして、「コリアタウンに近いのでキムチ部を創設したい!」と生徒会に提案しました。

この提案に乗ったのが、当時、生徒会副会長だった栗川大輝さんで、2022年4月にキムチ部を創設して活動を始めたのです。

週1~2回のペースで活動し、キムチ工場の見学やプロからのアドバイス、市販キムチの食べ比べなどを通じてキムチ作りを学びました。

この投稿をInstagramで見る

かいせいキムチ部(偕星キムチ部)(@osaka_kaisei_kimuchibu)がシェアした投稿

こうして開発した『X(かける)キムチ』で2023年4月に開催された『漬物グランプリ2023(学生の部)』に挑戦し、見事、初出場・初優勝の結果を残しています。

創部からわずか1年での快挙です。

ちなみに、2023年9月時点の部員数は12人とのこと。

『X(かける)キムチ』の特徴

大阪偕星学園高校キムチ部が開発したのが『X(かける)キムチ』で、「キムチに大豆ミートをかけ合わせた」「どんなものにかけても美味しい」ということから、この製品名が付けられました。

白菜キムチに大豆ミートのそぼろを混ぜ、さらに、しょうゆ・みりん・酒で味付けしたニラを加えています。

大豆ミートが入っているので食べ応えがあり、ご飯やうどん、豆腐などにかけて食べるのがオススメだそうです。

『X(かける)キムチ』の通販

大阪偕星学園高校キムチ部が開発した『X(かける)キムチ』は、高麗食品によって製品化され、楽天市場でも販売されています。

通販購入できるので、遠隔地の人も気軽に取り寄せて食べられますね。

X(かける)キムチ(180g)

値段は321円と安いですが、購入金額の合計が8000円未満だと送料が別途必要となるので気を付けてください。


関連記事

2023年2月21日のTBS『マツコの知らない世界』のゲストである松永武さんは...


2021年8月31日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・RONZIさんは...


2017年12月25日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト...


2022年9月17日放送の日本テレビ系列『満天 青空レストラン』の食材は、埼玉...


2022年6月13日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください