芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 激レアさん!福地裕文 海で56時間、230km漂流!ダイビングショップ

激レアさん!福地裕文 海で56時間、230km漂流!ダイビングショップ


スキューバダイビング

2019年6月8日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、ダイビング中に漂流し、56時間、230km流されながらも奇跡的に生還した福地裕文(フクチヒロフミ)さんです。

漁師のように海で仕事をしている人もいれば、海水浴、潮干狩り、マリンスポーツなどを楽しむ人もいます。

仕事と娯楽の違いはありますが、みんな海の恩恵を受けているわけです。

しかし、海は時に人の命を奪う危険な存在でもあります。

福地裕文さんは、長時間に渡り体一つで海を彷徨いながらも、奇跡的に救助され、当時、ニュースや新聞で多く報道されました。

そんな福地裕文さんの素顔と漂流の真相に迫ります。



福地裕文ってどんな人?

福地裕文さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 福地裕文(ふくちひろふみ)

【生年月日】 1950年12月5日

【出身地】 沖縄県那覇市

【居住地】 東京都中野区

【血液型】 O型

【趣味・特技】 ダイビング

【高校】 私立興南高等学校卒業

【職業】 ダイビングショップ『シーロマン』の代表取締役

沖縄で生まれ育った福地裕文さんは海が大好きで、現在は『シーロマン』というダイビングショップを経営しています。



福地裕文の漂流の真相

1983年7月15日、福地裕文さんは、友人たちと一緒に伊豆七島新島にスキューバダイビングをしに行きました。

この新島周辺は、豊かな海が広がる反面、潮の流れが速いことで有名なスポットです。

当然、福地裕文さんもダイビングの基本であるバディ(相棒)と潜りましたが、弱った体長1mのヒラマサを捕まえることに必死になり、いつの間にかバディとはぐれてしまったのです。

しかも、強い潮に流され、海面に出た時には船から数百メートルも離れていました。

大声で助けを求めるも船には届かず、その間にも流され続け、あっという間に船が見えなくなることに。

それでも、「救助されるだろう」と楽観し、腰にぶら下げたヒラマサをどう自慢するか考えます。

そうするうちに、新島の北部にある鵜渡根島に差し掛かり、釣り人を発見しますが、「釣り人に怒られる」と思って気づかれないように深めに潜りました。

その結果、鵜渡根島を通り過ぎ、黒潮に乗ってどんどん流されますが、楽天家の福地裕文さんは、加山雄三さんの「海、その愛」を熱唱していたのです。

流石に、福地裕文さんでも夜になると漂流を実感し、寒さはオシッコで凌ぎ、孤独は自問自答で凌ぎました。

翌日の7月16日、漁船に発見されることを期待していると、低空飛行する飛行機(妻が200万円でチャーター)を見つけて必死で救助を求めますが、気付いてくれません。

その後、一隻の外国の大型貨物船が遠くに見え、福地裕文さんが手を振って救助を求めると、船員たちが手を振り返す姿を確認できたので、救助の時に恥ずかしくないようにヒラマサを捨てました。

しかし、大型貨物船はそのまま通り過ぎて行ってしまったのです。

絶望と同時に、大きな空腹感に襲われますが、流れてきたビーチサンダルの鼻緒に3cmくらいの小さなカニがおり、このカニを肩に乗せて孤独感を紛らわせます。

そして、喉の渇きを我慢していると、幸運にも夕立ちで雨が30秒間降り、少し喉が潤いました。

漂流3日目の7月17日、黒潮の流れに乗って九十九里沖、もしかしたら銚子沖まで漂流していると判断します。

このままだと黒潮と親潮の流れがぶつかり、太平洋の真っただ中に放り出され、船の数が減って発見される確率が激減することを悟り、絶望することに。

実際、福地裕文さんの予想通り、銚子沖にいたのです。

そんな時、5m以上のツチクジラ4頭が現れました。

「人生の最後にクジラと一緒に泳ごう」と思った福地裕文さんは、2時間に渡りクジラに近づいては離れることを繰り返します。

やがて、クジラが去って孤独に襲われましたが、クジラと入れ替わるようにマグロ漁船・第三十八全徳丸が現れ、船員に気付いてもらえて救助されました。

クジラを追いかけて泳いだことで、黒潮の流れを抜けたのです。

カニは、救助された時にはいなくなっていました。

このように九死に一生を得た福地裕文さんですが、その後もダイビングを楽しみ、仕事にもしています。



ダイビングショップ『シーロマン』の場所・定休日・コース費用

福地裕文さんが経営するダイビングショップ『シーロマン』の詳細情報は、次のとおりです。

会社名シーロマン(Sea Roman)
住所東京都中野区本町5-37-11 飯田ビル1F
電話03-3380-0148
営業時間11:00~21:00
定休日【1月~3月】 火曜日
【4月~12月】 年内無休
コース費用【ライセンス(Cカード)講習・実習費用】 4万6000円
【ライセンス(Cカード)申請料】 6,480円
【スクーバダイバーコース講習費用】 5万2480円

『シーロマン』は、40年以上続くダイビングショップで、器材の販売や体験ダイビング、ライセンス取得などを行っています。

初心者OKなので、ダイビングに興味のある方は通うと良いでしょう。


関連記事

2019年5月27日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』は、元・天才...


2017年11月1日放送の『ナカイの窓』は、『スー女 VS プ女子SP』です。...


2016年11月18日放送の「金曜ロンドンハーツ」は、「女性芸能人・秋のスポー...


2018年7月1日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト今井...


2016年12月22日放送の「ぐるナイ ゴチになります!17」において、クビで...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください