芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 石井公二 片手袋研究家の年齢・大学は?ツアー・展覧会開催

石井公二 片手袋研究家の年齢・大学は?ツアー・展覧会開催


手袋

2018年2月6日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、『片手袋の世界』です。

長い人生、何度か街中で手袋や軍手が落ちているのを見たことがあると思います。

そんな時、「落としたのかなぁ?」「困っていないかなぁ?」と思うかもしれません。

しかし、ゲストの石井公二さんは、それを遥かに超え、街に落ちている片方の手袋を「片手袋」と名付けて写真撮影し、持ち主や落としたシチュエーションをイメージしている変わった男性です。

石井公二さんの片手袋ストーリーに、マツコ・デラックスさんが耳を傾けました。



石井公二ってどんな人?

石井公二さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 石井公二(いしいこうじ)

【生年月日】 1980年

【出身地】 東京都江東区

【趣味】 片手袋

【高校】 郁文館高等学校卒業

【最終学歴】 玉川大学文学部芸術学科卒業

【職業】 飲食店経営

石井公二さんの年齢は、2018年2月時点で37歳です。

玉川大学を卒業しており、見た目も普通ですが、2005年頃から街中に落ちている片手袋を見つけては写真撮影し、13年間で1万枚以上の写真を集めました。

きっかけは、子供の頃に読んだウクライナの絵本『てぶくろ』で、これにより、片手袋に興味を持つようになったそうです。

そして、カメラ付き携帯で撮影して以降、片手袋を見つけた時は、撮影せずにはいられないようになりました。

「やめたい」という気持ちがあるものの、やめられず、それでも、トムハンクスが同じようにSNSで片手袋の写真をアップしていることで、勇気づけられているそうです。

そんな石井公二さんですが、現在では、撮り溜めた片手袋の写真の展覧会や原稿執筆、テレビ・ラジオ出演、ブログ・SNS運営などで、片手袋の情報を発信しています。

2013年には、神戸ビエンナーレ『アートインコンテナ国際展』で入選しており、世間からの評価も高いです。

ちなみに、テレビ朝日系列『タモリ倶楽部』に出演したこともあります。



石井公二の片手袋ツアー

石井公二さんは、片手袋を探しては写真を撮り溜めていますが、「そもそも、手袋ってそんなに落ちているものなの?」と思ってしまいます。

しかし、2017年1月9日にはツアーも開催しており、実際に片手袋を発見しました。

その際に配られた『片手袋分類図』によると、次の場所で片手袋を見つけやすいそうです。

介入型(誰かが一度拾った場合)
ガードレール、三角コーン、棒、掲示板、フェンス、電柱、ゴミ捨て場、植え込み、花壇、落し物スペース
放置型(落としてそのままの状態)
道路、横断歩道、電柱、雪解け後、海辺、籠、田んぼ、駐車場、コインパーキング

興味を持った方は、上記の場所を見てみてください。

普通に歩いているよりも、片手袋を発見できる機会が増えるはずです。

【同日放送】 後藤直紀 美味しいコーヒーの淹れ方・裏技!コーヒーメーカーは?


関連記事

2018年5月15日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト種藤潤さんは、全国...


2017年8月16日放送の『ナカイの窓』は、『バカリズムを知る人SP』です。謎...


2016年10月25日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト竹本道子さんは、...


2017年9月10日の『日曜もアメトーーク!』は、『定時制高校芸人』です。授業...


2018年5月22日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト平山博文さんは、ク...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください