芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 大熊進一 日本万華鏡博物館館長のプロフィールや場所は?

大熊進一 日本万華鏡博物館館長のプロフィールや場所は?


万華鏡

2018年12月11日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、「万華鏡の世界」です。

誰もが一度は、子供の頃に万華鏡を手に取り、覗いたことがあると思います。

ただし、その美しさに心を奪われるも、その時だけで、それ以降は全く万華鏡に触れていないのではないでしょうか?

そこで、日本万華鏡博物館館長である大熊進一さんが出演し、万華鏡の魅力を伝えました。

マツコ・デラックスさんも万華鏡に魅了され、即決で購入しています。



大熊進一ってどんな人?

大熊進一さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 大熊進一(おおくましんいち)

【生年月日】 1949年

【出身地】 埼玉県川口市

【趣味】 万華鏡

【最終学歴】 立教大学経済学部卒業

【職業】 『日本万華鏡博物館』館長、『株式会社ベアーズ』代表取締

大熊進一さんは、立教大学経済学部卒業後、1972年に埼玉新聞社に記者として入社しましたが、4年で退社しました。

そして、1年かけてヨーロッパの古代遺跡を巡ります。

帰国後の1977年、株式会社エンジンルームに入社し、サブカルチャー雑誌『ビックリハウス』などの編集に携わりましたが、1985年にエンジンルームが解散しました。

そのため、企画編集制作会社『株式会社ベアーズ』を設立したのです。

1990年、大熊進一さんが40歳の時、クジラを見にハワイ・マウイ島に行くと、そこで万華鏡と出会い、子供の頃に見ていた万華鏡と違うことにビックリします。

このことをきっかけに大熊進一さんは万華鏡に魅了され、万華鏡の収集を始めると、1996年に日本万華鏡倶楽部を結成し、1998年に渋谷のマンションの一室で日本万華鏡博物館をオープンしました。

今までに、約3000万円かけて約3000本の万華鏡を集めており、日本一・世界一の万華鏡コレクターです。



日本万華鏡博物館の住所・開館時間・閉館日・料金

2012年、大熊進一さんは、『日本万華鏡博物館』を渋谷から故郷の埼玉県川口市に移設しました。

日本万華鏡博物館の詳しい情報は、次のとおりです。

名称日本万華鏡博物館
住所埼玉県川口市幸町2-1-18 アピス川口幸町フィティア101号室
電話048-255-2422
開館時間10:00~19:00
※予約優先
閉館日日曜日・祝日
※予約のみ日曜日・祝日も開館
料金【見るコース】 1,000円
【作るコース】 2500円~3000円のキット6000円~8000円のキット

日本万華鏡博物館には、大熊進一さんが集めた世界の万華鏡が約2400本展示されており、見学のほか、万華鏡の歴史も学べますが、さらに、『作るコース』もあります。

実際に作ると、より万華鏡の仕組みが分かるので、ぜひ、体験してみてください。

なお、入館人数が10人で予約制のため、予約なしで行った場合、1時間以上待つこともあります。

したがって、必ず予約して行きましょう。

【同日放送】 松島和之 ハンバーグ王子のおすすめインスタント、職業・年齢は?


関連記事

2019年5月14日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、「アスパラ...


2017年9月27日放送の『ナカイの窓』は、『母校を愛してますSP 第5弾』で...


2016年12月7日、14日の「ヒルナンデス!」は、2週に渡り「最新技あり家電...


野菜の飾り切り動画が話題になっている『おいり』さんが、2020年1月9日放送の...


2020年4月14日放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、カリスマ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください