芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 長浦ちえ 水引デザイナーのお店・通販・本・プロフィール

長浦ちえ 水引デザイナーのお店・通販・本・プロフィール


 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

長浦ちえ/Chie NAGAURA(@tier_chie)がシェアした投稿

2020年2月11日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、「ご祝儀袋の世界」です。

卒業・入学・就職などで、お祝い金を渡すためにご祝儀袋は欠かせません。

多くの人が、人生で何度かご祝儀袋を使用することになるでしょう。

しかし、あまり頻繁に使用する物ではないので、実際にご祝儀袋を使用する時に迷うと思います。

そこで、水引デザイナーとして活躍している長浦ちえさんが出演し、最新のご祝儀袋やご祝儀袋に込められた想い、おすすめのご祝儀袋を教えてくれました。

常識として、ご祝儀袋と水引を学べるチャンスです。



長浦ちえってどんな人?

長浦ちえさんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 長浦ちえ(ながうらちえ)

【生年月日】 1979年

【出身地】 福岡県

【趣味・特技】美術

【高校】 福岡女学院高等学校卒業

【最終学歴】 武蔵野美術大学油絵学科卒業

【職業】 水引デザイナー

長浦ちえさんは美術が大好きで、福岡女学院高校美術部に在籍すると、高校卒業後は武蔵野美術大学油絵学科に進学し、油絵を学びました。

そして、将来は絵で食べていこうと考え、作品を持って出版社を回りましたが、実績がないことで相手にされません。

仕方なく、一度会社員として働くことを決意し、仕事を探している時に、たまたま求人誌で「水引デザイン」という募集を見かけます。

その仕事内容に興味を持った長浦ちえさんは、この会社の求人に募集して採用されると、水引デザイナーとして数々の水引をデザインしていったのです。

その後、「水引を海外に広めたい」との思いから、退職して2004年にフランスに拠点を移すと、2005年に帰国して日本での活動を再開しました。

2008年には、故郷の福岡に拠点を移し、2013年には水引ブランド『TIER(タイヤー)』を立ち上げ、現在も水引デザイナーとして活躍しています。



長浦ちえデザインの水引細工を通販で購入する方法

長浦ちえさんは、『TIER(タイヤー)』という水引ブランドを立ち上げており、一部の商品については楽天市場でも販売しています。


モダンな水引お箸置き

ストラップタイプのモダンお飾り

食卓が華やぐボトル飾り

上記の水引細工は、ご祝儀袋に使うものではなく、箸置きや飾りです。

ちなみに、水引とは、ご祝儀袋や不祝儀袋にかけられている帯紐の素材のことで、その水引で作った水引細工には「封印」「魔除け」「人と人を結び付ける」といった意味があります。

長浦ちえの水引の本

長浦ちえさんが出版している水引の本は、次のとおりです。


はじめての水引アレンジ

水引アレンジBOOK

水引アレンジBOOK2

長浦ちえさんが上記の本を出版したことにより、水引の敷居が低くなりました。

長浦ちえがデザインした水引細工を購入できるお店

長浦ちえさんの水引ブランド『TIER(タイヤー)』の商品は、次のお店で購入できます。

CIBONE aoyama

店名CIBONE aoyama(シボネ アオヤマ)
住所東京都港区南青山2-27-25 オリックス南青山ビル 2F
電話03-3475-8017
営業時間11:00~21:00

CIBONE CASE

店名CIBONE CASE(シボネ ケース)
住所東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 4F
電話03-5537-3101
営業時間10:30~20:30

東京またはその近郊に住んでいる方は、実際に商品の水引細工を見ながら直接購入できますね。

【同日放送】 山梨智也 天津飯ハンターの高校・大学・職業・プロフィール


関連記事

2018年6月11日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト熊...


2016年12月12日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 」は、2世タ...


2020年3月17日放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、靴磨き世...


2018年10月8日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト・...


2018年7月12日放送の『ナカイの窓』は、『ファッション』です。ファッション...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください