芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 土橋真 駄菓子屋ハンターのプロフィール!ババヤの思い出

土橋真 駄菓子屋ハンターのプロフィール!ババヤの思い出


2018年5月8日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、『駄菓子屋の世界』です。

昭和生まれの人の多くが、子供の頃に駄菓子屋で駄菓子を買い、食べたことがあると思います。

レトロ感満載の駄菓子屋に入り、並べられているたくさんの駄菓子の中から、自分の好みの物を選んで購入し、お店を出てすぐ食べるという一連の流れは、今思い出しても楽しかったと思えるでしょう。

しかし、現在、駄菓子屋を見かけることはほとんどありません。

みなさんの家の近くにあった駄菓子屋も、今はなくなっているんじゃないでしょうか?

そんな中、ゲストの土橋真さんは、全国各地の駄菓子屋を巡り、ブログやツイッター、インスタグラムで紹介しています。

番組では、土橋真さんが、駄菓子の他に、店主や駄菓子屋の楽しみ方についても紹介しましたが、マツコ・デラックスさんは、懐かしい駄菓子に夢中でした。



土橋真ってどんな人?

土橋真さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 土橋真(どばしまこと)

【年齢】 アラフォー(2018年5月時点)

【出身地】 東京都台東区

【居住地】 東京都墨田区

【趣味】 駄菓子屋巡り

【職業】 サラリーマン(空調関係のメーカーで営業)

土橋真さんは、子供の頃、100円を握りしめて、近所にあった通称『駒形ババヤ』という駄菓子屋によく通っていました。

そして、駄菓子を購入する楽しみや駄菓子の美味しさを感じると共に、ババヤのおばちゃんと接し、その人情に触れたのです。

それでも、中学生になると、自然とババヤには行かなくなっていました。

しかし、高校生の時に、祖母・祖母・祖父と3年連続で大切な人を亡くしたことで、ババヤのおばちゃんに会いたくなります。

久しぶりにババヤに行くと、おばちゃんは白髪が増えていたものの元気でしたが、駄菓子の量が全盛期の半分程度になっていました。

その1ヶ月後、ババヤは取り壊されて、空き地となってしまったのです。

寂しさを感じつつも、時間は経過し、土橋真さんが駄菓子屋に行く機会はなくなりましたが、無職となった時期に、ふと駄菓子屋が目に入り、サラリーマン時代には目に入らなかっただけで、まだ駄菓子屋があることを発見します。

それ以降、駄菓子屋の存在を世に知らせることに使命を感じ、全国の駄菓子屋を巡りながらネットで紹介するようになりました。

現在、土橋真さんは、サラリーマンをしながら駄菓子屋ハンターを名乗り、350軒以上の駄菓子屋を訪れ、紹介しています。

『マツコの知らない世界』では、念願の『真ババヤ商店』をオープンし、ネットで「駒形ババヤのおばちゃん、どこかで見ていてくだされ!」とコメントしていますが、観てもらえると良いですね。

ちなみに、土橋真さんの定年後の夢は、『真ババヤ』をオープンし、経営することです。



番組に登場した駄菓子

『マツコの知らない世界』で紹介された駄菓子は、次のとおりです。


もろこし輪太郎

もろこし輪太郎 ピリ辛豆板醤味

朝のラスク屋さん太郎

満月ポン

ビズくん

味カレー

ビンラムネ

どんどん焼き キムチ味

東京拉麺 ペペロンチーノ

棒きなこ

サッカースクラッチ

耕生のフルーツ引 1箱60個入

よっちゃん 信玄いか 80本入り

昭和世代には、懐かしい駄菓子ばかりですね。

久しぶりに食べたくなった方も多いと思います。

食べたことがないお子さんと一緒に楽しむのもおすすめです。

【同日放送】 相川圭子 ヨガで瞑想を極める!本・書籍・プロフィール紹介


関連記事

2016年11月22日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト前田康二さんは、...


2017年7月30日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』は、中川家が...


2017年9月19日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト渡瀬謙さんは、左利...


2016年11月8日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト吉田喜彦さんは、G...


2017年11月21日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト長野峻也さんは、...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください