芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。なお、本ページはプロモーションが含まれています。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » ミュージアムグッズ愛好家・大澤夏美のプロフィール、本

ミュージアムグッズ愛好家・大澤夏美のプロフィール、本


2023年2月7日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、「博物館グッズの世界」です。

ミュージアムというと博物館や美術館を思い浮かべると思いますが、ミュージアムグッズ愛好家である大澤夏美(おおさわなつみ)さんの定義によると、動物園や水族館も含まれているとのこと。

それらミュージアムに行くと、売店でグッズが販売されていますが、みなさんは購入したことがありますか?

大澤夏美さんはミュージアムグッズに魅了された女性で、今までに1000点以上の博物館グッズを収集し、現在はミュージアムグッズ愛好家と名乗って活動しています。

「ミュージアムグッズは博物館が提供できる博物館活動であり、来館者が持ち帰れる博物館体験である」という考えの下、ミュージアムグッズの魅力を広めている大澤夏美さんの素顔に迫りました。

大澤夏美ってどんな人?

大澤夏美さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 大澤夏美(おおさわなつみ)

【生年月日】 1987年

【出身地】 北海道

【趣味】 博物館の訪問、ミュージアムグッズの収集

【高校】 ※非公表

【最終学歴】 札幌市立大学デザイン学部卒業、北海道大学大学院文学研究科修了

【職業】 ミュージアムグッズ愛好家

北海道出身の大澤夏美さんは、地元の高校を卒業後、札幌市立大学デザイン学部に進学しました。

そして、大学3年生の時に、学芸員の資格を取得するために北海道大学総合博物館で博物館実習を受けたのですが、それまでは「博物館は展示されている物を見るところ」と思っていたのが、さまざまな役割があることを知って魅了されます。

その中のひとつが、ミュージアムグッズ(博物館グッズ)だったのです。

ミュージアムグッズは、博物館にとってその魅力を伝えることができるものであり、来訪者にとって思い出や経験を持ち帰ることができるものと考えた大澤夏美さんは、雑貨好きという性格も加わり、ミュージアムグッズ収集を始めると、北海道大学大学院文学研究科に進学してミュージアムグッズの研究をし、ミュージアムグッズをテーマに修士論文を書きました。

大学院修了後は一般企業に就職しましたが、結婚を機に退職し、その後、「ミュージアムグッズに関わる仕事をしたい!」との思いからミュージアムグッズ愛好家というオリジナルな職業を作って活躍中です。

大澤夏美のミュージアムグッズの本

大澤夏美さんが出版したミュージアムグッズの本は、次のとおりです。

ミュージアムグッズのチカラ

ミュージアムグッズのチカラ2

ときめきのミュージアムグッズ

素敵なミュージアムグッズをたくさん見ることができ、その魅力を知ることができることで、読者の評価も高めとなっています。

博物館や博物館グッズに興味をお持ちの方にオススメです。

【同日放送】 お菓子缶研究家・中田ぷうのプロフィール、本


関連記事

2021年2月15日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト・...


2021年12月21日のTBS『マツコの知らない世界』のゲストであるベリッシモ...


2019年5月20日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』は、お笑いコ...


2019年12月10日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト・松崎順一さんは...


2016年11月13日放送の日本テレビ系列「世界の果てまでイッテQ!」は、「温...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください