芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 西村幸 世界最小の内視鏡用ハサミ開発!プロフィール・会社

西村幸 世界最小の内視鏡用ハサミ開発!プロフィール・会社


内視鏡

2019年9月10日放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、世界最小の内視鏡用ハサミ開発した西村幸(にしむらみゆき)さんです。

内視鏡が使われるのは主に医療分野ですが、直径が小さいため、そこに仕込める機能も限られています。

その限られた条件の中で、西村幸さんは内視鏡の先端からハサミを出し入れできるように改良しました。

驚くことに、そのハサミは従来よりも25%も小さい刃渡りわずか2.4mです。

素人ながら医療分野に進出して大成功している西村幸さんの素顔と会社に迫ります。



西村幸ってどんな人?

西村幸さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 西村幸(にしむらみゆき)

【生年月日】 1950年1月6日

【出身地】 長野県岡谷市

【最終学歴】 駒澤大学商経学部卒業

【事務所】 『株式会社リバーセイコー』の会長

西村幸さんは、駒澤大学商経学部卒業後の1971年、国家公務員試験に合格して東京法務局に入局しましたが、役所勤めが肌に合わずに退職しました。

そして、28歳の時に妻と一緒に故郷の長野県岡谷市に帰郷すると、「物作りしたい!」との思いから、夫婦でカメラのレンズ部品を組み立てる仕事に就きます。

しかし、その1年後、知人を介して諏訪市にある内視鏡の医療器具を作る工場で働いたことで、その後の人生が一変しました。

その工場で内視鏡医療器具を作る技術を身に付けた西村幸さんは、自ら内視鏡を作る会社を興したのです。

素人ながら医師のアドバイスを取り入れて開発した内視鏡は、世界最小の刃渡りわずか2.4mなどハイクオリティで、大成功しました。

西村幸さん自身、直腸がん、大腸がん、胃がん、胆のうがん、肝臓がんという5つの癌を患ったことがあり、その経験を活かしながら、会長である現在も精力的に研究開発に携わっています。



『株式会社リバーセイコー』の場所・動画

西村幸さんが会長を務める『株式会社リバーセイコー』の詳細情報は、次のとおりです。

会社名株式会社
住所長野県岡谷市湖畔二丁目6番16号
電話0266-24-3678

中小企業はパート労働者によって支えられていることが多いですが、『リバーセイコー』は全員が正社員であり、一人一人が責任感を持って仕事に取り組んでいるという特徴があります。

そして、手作りで高性能な内視鏡を作っているのです。

今後も、優れた内視鏡を開発して、人命を助けて行くことは間違いありません。


関連記事

2016年12月27日のTBS「マツコの知らなすぎる世界 深夜SP」のゲスト深...


2018年1月31日放送の『ナカイの窓』は、『日テレアナウンサーSP』です。日...


2016年12月27日のTBS「マツコの知らなすぎる世界 深夜SP」は、「換気...


2016年10月19日放送の「ナカイの窓」のテーマは、「人気マンガ家SP」です...


2019年6月11日放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、カリスマ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください