芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » TEPPEN17!ドローン、eスポーツ、スイーツ、スラックラインの結果

TEPPEN17!ドローン、eスポーツ、スイーツ、スラックラインの結果


ドローン

今までの『TEPPEN』は、「ピアノ対決」が軸でしたが、2018年9月28日放送のフジテレビ系列『芸能界特技王決定戦TEPPEN 第17弾』は、全てが新競技です。

「ドローン対決」「eスポーツ対決」「デコレーションスイーツ対決」「スラックライン対決」というように、最近の注目度が高く、いままでに芸能人同士が対決している姿を見たことがない競技ばかりとなっております。

出場者にとって、今後の仕事にも大きく影響してくることだけに、負けられません。

果たして、今回、TEPPENに輝くのは誰か!?

出場者紹介と結果発表をします。



「ドローン対決」の結果発表

ドローンは、お手頃価格で入手でき、簡単に空撮できることから、今やテレビで当たり前に使用され、個人で楽しんでいる人もいます。

そして、中には空撮ではなく、ドローンレースを楽しむ人もおり、競技人口が増加中です。

「ドローン対決」では、特設コースでタイムレースを行いますが、失敗したら即失格の厳しいルールとなっております。

ちなみに、使用した機体は『Parrot MAMBO』です。

「ドローン対決」TOP3

  1. バッドナイス常田 (1分43秒 完走
  2. 大倉士門 (2nd デビルウェーブ)
  3. 最上もが (2nd ヘヴンタワー)

墜落・タイムアップした出場者

  • 石田安奈
  • いとうまい子
  • 岩本輝雄
  • 加藤夏希
  • 獣神サンダー・ライガー
  • 田中要次
  • 谷+1。
  • 堂珍嘉邦
  • 原口あきまさ

「eスポーツ対決」の結果

昔は子供の遊びだったテレビゲームが、今は「eスポーツ」と呼ばれ、大きな大会が開催されるほど、子供から大人にまで大注目されています。

2018年のアジア競技大会では、デモンストレーション競技として採用されましたが、2022年大会では正式競技となる見通しです。

『TEPPEN』では、日本発の大人気サッカーゲーム『ウイニングイレブン 2019』の対決が行われました。

1回戦(ゴールデンゴール方式)

  • WIN・喜矢武豊(ベルギー) X じゅんいちダビッドソン(日本)
  • WIN・レフト鈴木(スペイン) X 山田親太朗(クロアチア)

決勝(1試合)

  • WIN・レフト鈴木(スペイン) 3 X 1 喜矢武豊(ベルギー)

「デコレーションスイーツ対決」の結果

スイーツ作りが得意な芸能人が、「記念日(アニバーサリー)」をテーマに、デコレーションケーキ作りで対決しました。

審査員は、有名パティシエ・辻口博啓さん、向井聡美さん、鍋田幸宏さんら3人です。

「デコレーションスイーツ対決」の順位(1人10点X3人、30点満点)

  1. 小林豊(BOYS AND MEN) 26点
  2. Toshl(X JAPAN) 25点
  3. 益若つばさ 24点
  4. ギャル曽根 22点

「スラックライン対決」の結果

スラックラインとは、木と木の間などに幅2.5~5cmのラインを張り、その上で落ちないようにバランスを保ちながら、難易度の高い技を繰り出すスポーツです。

今では、スラックラインの世界大会も開催されています。

「スラックライン対決」は、幅5cmのラインを何秒で渡りきれるかのルールで、落ちたら即終了の一発勝負です。

「スラックライン対決」の順位

  1. 佐藤彩香 4m90cm
  2. アンゴラ村長(にゃんこスター) 4m5cm
  3. AYA 3m70cm
  4. RENA(総合格闘家) 3m70cm
  5. 神田うの 3m60cm
  6. Nana(MAX) 3m10cm
  7. はいだしょうこ 1m10cm

関連記事

2018年4月4日放送の『ナカイの窓』は、『羽田空港』です。羽田空港で働いてい...


2018年6月5日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト大久保謙作さんは、た...


2018年7月26日放送の日本テレビ系列『おもしろ荘!生放送SP』に出演したお...


2017年5月28日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 」は、オネエタ...


2017年6月20日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト渡邉貞稔さん、藤村...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください