芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » 未分類 » 貼るカイロどこに貼ると暖かいか?効果的な使い方

貼るカイロどこに貼ると暖かいか?効果的な使い方


使い捨てカイロ

寒さ対策として、いくつか方法がありますが、貼るカイロ・使い捨てカイロもその中に入っています。

誰でも人生で一度は、貼るカイロ・使い捨てカイロを使ったことがあるでしょう。

手軽に、しかも、その暖かさを実感できることで、カイロは冬に重宝しますが、使い方次第で効果に雲泥の差があることを知っていますか?

「知らない!」「貼るカイロをどこに貼ると暖かいか、考えたことがない」という方は、損しているかもしれません。

そんな方々のために、効果的に体を温められる「カイロを貼る場所」を説明するので、ぜひ、参考にしてください。



使い捨てカイロで手を温めても暖かくならない理由

寒くなると、特に手や足などの身体の末端が冷たくなりますが、それは、血液の巡りが悪くなり、そこに留まった血液が冷やされるからなんです。

そんな時、使い捨てカイロを使うと、ほぼすべての人がカイロを握って手や指を温めたり、ポケットにカイロと手を入れて温めます。

確かに、それで一時的に寒さから解放されるでしょう。

しかし、指先に流れる血液はあっという間に流れて行ってしまうため、使い捨てカイロを握っている間しか身体を温められません。

しかも、末端を流れる血液の量はごくわずかなので、折角温めた血液もすぐに冷めてしまいます。

これでは、使い捨てカイロで手を温め続けても、暖かくならないはずです。



効果的な「カイロを貼る場所」

では、「貼るカイロどこに貼ると暖かいか?」ですが、それは、「上記の問題点の反対の場所」と言えます。

つまり、大量の血液が流れる血管を温めれば、体全身が暖かくなるのです。

したがって、次の画像の赤枠の場所に、貼るカイロを貼りましょう。

丹田(たんでん)
丹田
「丹田」は、冷え性・生理痛に効果的とされているツボです。おへその少し下の部分に貼るカイロを貼ることにより、内臓の動きが活発になり、全身に温かい血液を送ることができます。特に、女性におすすめです。
風門(ふうもん)
風門
「風門」は、風邪のひきはじめに効果的とされているツボです。肩甲骨のちょっと上に貼るカイロを貼ることにより、温めた血液を全身に送ることができると共に、風邪予防や肩こり解消にも効果があるとされています。
腎兪(じんゆ)
腎兪
「腎兪」は、腰痛・生理痛・下半身の冷え性に効果的とされているツボです。腰とお尻の間に貼るカイロを貼ることにより、下半身の血流が良くなります。

貼るカイロは、「衣類の上から貼るタイプ」と「直接貼るタイプ」があります。

低温やけどしないように、よく確認し、使用ルールをお守りください。


関連記事

元アイドルの石川秀美さんは、薬丸裕英さんとの結婚を機に、芸能界を引退しました。...


田口奈津子さんは、消しゴムはんこ作家です。TBS系列『プレバト・消しゴムはんこ...


森田真帆さんは、ライターと老舗映画館『ブルーバード劇場』の館長補佐をしている女...


白石家は、日本テレビ系列『志村どうぶつ園』で何度も取り上げられている動物大好き...


杉田秀之さんは、慶応義塾大学1年生であった時、ラグビー部合宿中に大怪我し、障害...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください