芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 激レアさん!高校生4人で大峰山に登り遭難、起きた災難は?

激レアさん!高校生4人で大峰山に登り遭難、起きた災難は?


沢登り

2018年2月5日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、高校生4人で山に沢登りに行き、8日間遭難したジュンタロウさんです。

山登りブームで登山者が多くなり、遭難者が増えています。

また、冬には、禁止されているにもかかわらず、スキーコースを外れて滑る『バックカントリー』をする人が現れ、遭難して救助されたり、高額な救助費用を請求されたりするニュースが報道されます。

したがって、山登りするなら、自分や仲間の命を守るため、そして、救助隊を危険に巻き込まないために、装備・経験・体力・ルール遵守の全てが必要不可欠です。

しかし、ジュンタロウさんは、安易な考えで登山したため、遭難して命の危機に瀕すると共に、さまざまな災難に見舞われたのです。



ジュンタロウたちが遭難した経緯

当時、高校2年生だったジュンタロウさんは、仲間と共に山岳同好会を設立。

夏休みに奈良県大峰山に2泊3日の沢登りに行きました。

メンバーは、リーダーのジュンタロウさん、同級生で冷静沈着なヨシカワ君と足の速いイラコ君、1年生のカジモト君の4人で、ジュンタロウさん以外は山登り初心者です。

ジュンタロウさんは、それまでに難関な谷をいくつか攻略していたため、自信を持っていました。

しかし、地図を読み違えて、知らない滝にたどり着いたことで、遭難したことに気が付きます。

その時には、高い崖や大きな滝が立ちはだかり、自分たちの力だけで脱出することはできなくなっており、完全に大峰山脈に閉じ込められました。

その後、過酷なサバイバルと災難、救助隊による救助、さらに、助かった後も苦悩を味わうことになったのです。



ジュンタロウたちに起こった災難

大峰山での遭難事故で、ジュンタロウさんに次のような災難が起こりました。

1日目

  • 楽しくて、食料を半分食べる

2日目

  • 地図には載っていない滝にたどり着き、遭難したことに気付く
  • 草木をかき分けて道がない場所を進んできたので、戻れなくなった
  • 崖っぷちで4人、体をロープで巻き、そのロープを木に結び付け、落ちないようにして一夜を過ごした

3日目

  • ヨシカワ君に「靴紐がほどけてるで」と言われ、ジュンタロウさんは「ほどけてないやん」と返答し、少し会話します。すると、軽自動車サイズの岩が上から転がってきて、目の前を通過し、地面に落下して砕け散りました。会話の時間がなければ、ジュンタロウさんは巻き込まれており、このことで命の危機を感じたのです
  • その落石を見て、後輩のカジモト君がパニックになる
  • 崖を降りると、そこは脱出不可能な大きな谷間だった
  • 誰かの声が聞こえたり、公園が見えたり、公園が消えたりする幻聴や幻覚の症状が表れる

4日目

  • ジュンタロウさんが発熱
  • 食料が尽き、少しご飯粒が入っている沸かした川の水を飲んでいた
  • 病気だったジュンタロウさんの体力回復のため、ヨシカワ君が自分のお粥をジュンタロウさんに分け与えていた

5日目

  • ラジオで、救助隊のニュースを知る
  • 救助隊に発見してもらうため、カジモト君の黄色のポンチョをロープで結び、滝に流した

6日目

  • 体力が落ちている中、激しい雷雨に見舞われる
  • テントの中で雷に怯えていると、イラコ君が真ん中で正座して、お経を唱え始めた
  • 1日目の宴会時に、大きなボリュームで深夜放送を聴いたため、ラジオの電池が減ってきていた
  • カジモト君の懐中電灯を壊し、ラジオも改造し、懐中電灯の電池を使用して、ラジオで救助隊のニュースを確認していた
  • 食事は、ポテトチップスやクッキーをすり潰し、川の水に溶かして飲んでいた

7日目

  • ラジオで、「生存の可能性は低い」と報道されていることを知り、絶望する
  • 1回、救助ヘリを確認し、タオルを振ったが、気付いてもらえなかった

8日目

  • ラジオで、捜索が打ち切られたことを知る
  • 生徒手帳に遺書を書く。全員が、母親への遺言だった
  • 救助隊の1人が黄色いポンチョを発見し、救助された
  • おにぎりを渡されたが、食べられなかった
  • 下山したら検死医がいた

救助後

  • マスコミの記者会見
  • バッシングの嵐
  • 警察からの長時間に渡る取り調べ
  • 先生からの説教
  • 捜索費用約400万円の請求
  • 世間を騒がせたということで、運動部の対外試合禁止。生徒に責められる

こうして救助されたジュンタロウさんでしたが、無期限の停学処分となり、自分では謝罪できず、代わりに両親が謝罪に回りました。

そして、ジュンタロウさんは精神的に追い込まれて、「助からなければ良かった」と考えるようになり、自ら命を絶つことも考えたのです。

それでも、大学に進学し、山岳部に入部して、しっかりと登山技術を磨き、後に、冬の富士山も攻略します。

2016年9月には、大峰山脈を下山した際に声を掛けられた住民により、駐車場まで車で送ってもらえる人を紹介され、その人が偶然にも当時の救助隊長で、謝罪と感謝をすることができました。

そんな激レアな経験をしたジュンタロウさんですが、現在は教師として自分の体験を伝えています。


関連記事

2018年3月13日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト大熊直子さんは、日...


2016年3月29日放送のTBS系列「アイアム冒険少年」の特番は、タイでの脱出...


2017年2月15日放送の「ナカイの窓」は、「白塗りSP」です。顔を白く塗って...


2017年2月16日の「アメトーーク!」は、「ゲームセンター芸人」です。ゲーム...


2016年12月2日放送の「金曜ロンドンハーツ」は、「淳が泊まってジャッジ!ホ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください