芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 激レアさん!安田彩 マスカラで年商6億円。メジャーリーガーと破局も

激レアさん!安田彩 マスカラで年商6億円。メジャーリーガーと破局も


マスカラ

2018年6月18日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、マスカラの販売で大成功した女社長・安田彩(ヤスダアヤ)さんです。

その額、年商6億円。

しかし、大成功に至るまでに、アナウンサー試験不合格、メジャーリーガーのインタビュアー、メジャーリーガーとの婚約・破局、アンジェリーナ・ジョリーからの依頼と、他の人が経験していない人生を歩んできました。

そんな安田彩さんの素顔に迫ります。



安田彩ってどんな人?

安田彩さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 安田彩(やすだあや)

【生年月日】 1977年5月9日

【出身地】 東京都

【血液型】 B型

【最終学歴】 ニューヨークコロンビア大学サマースクール

【資格】 英検1級・コロンビア大学サマーMBA

【会社】 株式会社AYA

安田彩さんは、『FAIRYDROPS』というマスカラブランドを販売している『株式会社AYA』の最高経営責任者(CEO)です。

そして、美容発明家としても活躍しています。



安田彩の波乱万丈人生

安田彩さんは、野球をやっていた父と弟の影響で、自身も野球が大好きで、その知識を生かしてスポーツキャスターになることを志しました。

その夢を叶えるため、大学生の時にアナウンス学校に通って学び、民放キー局のアナウンサー試験を受けましたが、その美貌をもってしても、ハスキーボイスの欠点を理由にすべて落ちます。

仕方なく夢を諦め、アナウンサーの次に興味があった美容関係の道に進むことを決め、カネボウに就職しました。

安田彩さんは、英語が堪能ということで、いろんな部署から欲しいと言われましたが、開発部にこだわります。

それもそのはずで、大学生時代に『発明の虎』という番組で「新時代のブラジャー」を提案して賞を受賞したものの、番組終了で商品化には至らず、その後、その企業から安田彩さんのアイデアを商品化したブラが発売された苦い経験があるのです。

カネボウでは、このことも評価され、開発部に配属されましたが、手取り12万に不満を感じ、退社します。

そして、アメリカに留学し、『コロンビア大学サマースクール』に通って、MBAの資格取得を目指しました。

そんなある日、大学構内の掲示板で、テレビ局が出しているロサンゼルス・ドジャースの専属アナウンサー募集の求人を見つけ、応募します。

しかし、ドジャースの情報を届けるそのコーナーは人気がなく、視聴率たったの1パーセントだったのです。

それでもアナウンサーになりたかった安田彩さんは、どうすれば採用されるか聞くと、「誰でもいいからインタビューを取ってくれば採用」と告げられ、それから球場に足を運び続けました。

当然のように、選手から完全無視状態で悩む安田彩さんに対し、ライバルのカーラさんは、選手から進んでインタビューを受けています。

そこで、カーラさんを徹底的に研究して、化粧が濃い方が選手受けが良いということに気付いたのです。

それから化粧を濃くするとともに、山切りカットの歯ブラシを見て、マスカラのブラシを自分でギザギザにカットし、マスカラがまつ毛に乗りやすくしました。

すると、次から次へと選手がインタビューに答えてくれるようになり、挙句の果てには、監督が野茂英雄投手の登板日も教えてくれ、それによってコーナーの視聴率も11パーセントに上昇します。

こうして、メジャーリーガーに人気となった安田彩さんは、韓国人で4番バッターのチェ・ヒソプ選手と婚約し、街中でも、空港職員にも祝福されたのです。

ところが、東京都三軒茶屋の実家に帰って結婚の準備をしていた時、彼の代理人を通じて別れを告げられ、チェ・ヒソプ選手と会うことなく結婚は破談となりました。

破局の理由は、文化の違いであり、その溝を埋めるために話す際も、それぞれの母国語が違うために、余計に溝が深くなってしまったからです。

傷心の安田彩さんは、ベッドから出られないくらい落ち込み、顔はデキモノがたくさんできて、激やせします。

結局、半年間落ち込みましたが、両親のアドバイスもあり、再び目標を探し始めました。

その際、アメリカで作ったマスカラを思い出し、50万円で会社を作り、借金をしてマスカラ1万本を作って日本で販売すると、見事に1ヶ月で完売します。

数か月後、仕事が軌道に乗ったことで、旅行を兼ねて再びドジャー・スタジアムに行き、友人にマスカラの商売をしていることを告げると、たまたまそこにいたアカデミー賞のプロデューサーに、そのマスカラを俳優陣に配るプレゼントにすることを勧められました。

これがきっかけで、安田彩さんのマスカラがハリウッド俳優の手に渡り、その数か月後、アンジェリーナ・ジョリーの知人から、「アンジーがそのマスカラが欲しいと言っている」とのメールが届きます。

信じられない安田彩さんでしたが、調べてみると、本当にアンジェリーナ・ジョリーの事務所からのメールで、急いで1箱送りました。

その後、パリスヒルトンなどの海外セレブもそのマスカラを愛用していることを知り、アメリカでも通用すると確信し、全米で営業すると、話題となります。

その結果、安田彩さんの会社は、年商6億円に達したのです。

安田彩のマスカラブランド『FAIRYDROPS』

安田彩さんのマスカラブランドは、『FAIRYDROPS』です。


ウォータープルーフ

stuff4 PU Book

ハイパークアトロマスカラ

女性にはお馴染みの山切りカットのマスカラブラシですが、安田彩さんが日米で特許を取得しています。


関連記事

2016年12月11日放送の日本テレビ系列「世界の果てまでイッテQ!」は、「珍...


2017年5月18日の「アメトーーク!」は、「高校ダブり芸人」です。高校をダブ...


2018年7月18日放送の『ナカイの窓』は、『よしもと』です。よしもとで働く4...


2018年2月20日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト青柳呂武さんは、口...


2018年4月17日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト中野瑞樹さんは、長...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください