芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » ファミリーホーム養育者・廣瀬タカ子のプロフィール

ファミリーホーム養育者・廣瀬タカ子のプロフィール


育児

2021年5月9日放送のTBS系列『情熱大陸』は、ファミリーホーム養育者・廣瀬タカ子(ひろせたかこ)さんです。

全ての子供が幸せに暮らして成長できれば良いのですが、子供は親を選べず、幸せな家庭環境に生まれて育つとは限りません。

そして、過酷な家庭環境で暮らしていた子供は、親元から離れて施設などで暮らすことになりますが、その中のひとつにファミリーホームがあります。

ファミリーホーム(小規模住居型児童養育事業)とは、諸々の事情により親等と一緒に暮らせなくなった子供を養育者が5、6人受け入れて、一般家庭で育てる制度・施設のことです。

廣瀬タカ子さんは、ファミリーホーム『ひろせホーム』を運営し、今までに多くの子供たちを育ててきました。

尊敬に値する廣瀬タカ子さんの素顔に迫ります。

廣瀬タカ子ってどんな人?

廣瀬タカ子さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 廣瀬タカ子(ひろせたかこ)

【生年月日】 1947年

【出身地】 北海道

【居住地】 千葉県

【血液型】 ※非公表

【高校】 神戸学院大学附属高等学校卒業

【職業】 ファミリーホーム『ひろせホーム』の代表、養育者

廣瀬タカ子さんは、父親が里親となったことで、幼少期に里子と一緒に育ち、中学生の時には養子として叔母と一緒に暮らしました。

この経験が、その後の人生を大きく左右します。

20歳で結婚して自分の子供を育てた廣瀬タカ子さんは、生みの親と一緒に暮らせない要保護児童を養育する使命感を抱き、40代で里親登録すると、2003年に千葉県で最初のファミリーホーム『ひろせホーム』を開設しました。

さらに、ファミリーホームを全国に広めるべく、乳飲み子をおぶって厚生労働省に何度も通い、ファミリーホームの法定化に尽力したのです。

その実績を認められ、ファミリーホーム全国連絡会の会長を務めたこともあります。

そして、最初は子供が苦手だった夫の正さんも、今では率先して子供たちの面倒を見るようになりました。

廣瀬正・タカ子夫婦が今までに育てた要保護児童は68人(2021年5月時点)で、娘や孫とも仲が良く、今でも「お母さん」と慕っているそうです。

そんな廣瀬タカ子さんは、「社会全体で子どもを育てる世の中になってほしい」と願っています。


関連記事

イモトアヤコさんが、2017年年末から2018年年始にかけて、標高4,892m...


塚本康浩さんは、病気になることが少ないダチョウを研究し、ダチョウ抗体マスクやダ...


2018年6月4日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、...


坂井希久子さんは、プロの女王様経験がある小説家です。華麗なる転身を遂げた坂井希...


2021年4月26日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト・...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください