芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 志茂田景樹 転職50回!作家になったきっかけは?

志茂田景樹 転職50回!作家になったきっかけは?


執筆

志茂田景樹さんは、直木賞受賞者の作家でありながら、タレントとしても活躍しています。

カラフルで奇抜な格好と独特のキャラクターで注目を集め、1980年代、1990年代によくテレビ出演していましたが、その後はあまり見かけることがなくなりました。

しかし、次男の下田大気さんが凄腕のタクシードライバーとしてテレビで紹介され、さらに、武蔵野市議会議員に当選したことで、志茂田景樹さんの名前も表に出るようになります。

そして、タレントでモデルのりゅうちぇるさんが、志茂田景樹さんのことを尊敬しているとコメントし、再び、注目の存在となっています。

そんな志茂田景樹さんの素顔に迫りました。



志茂田景樹ってどんな人?

志茂田景樹さんのプロフィールは、次のとおりです。

【ペンネーム】 志茂田景樹(しもだかげき) ※本名:下田忠男(しもだただお)

【生年月日】 1940年3月25日

【出身地】 静岡県伊東市

【血液型】 A型

【身長】 180cm

【体重】 61kg

【趣味】 ウォーキング、料理

【高校】 東京都立国立高等学校卒業

【最終学歴】 中央大学法学部政治学科卒業

【事務所】 ビッグブッキングエンターテインメント

志茂田景樹さんは、1980年に『黄色い牙』で直木賞を受賞した人気作家です。

志茂田景樹さんの本名は「下田忠男」と言い、「茂る田んぼを志す」という意味を込めて「志茂田」、江戸時代の国文学者「香川景樹」から「景樹」を取り、ペンネームとしています。

世間的には、作家としての姿より、派手な衣装と髪の毛が目を引くでしょう。

派手なファッションをするようになったきっかけは、ニューヨーク帰りの女性の知人が、お土産にカラフルなタイツをくれ、男が穿く者じゃないと思いながらも穿いてみると、心が解放されたからです。

カラフルなタイツにTシャツ姿で街に出ると、バカにされたり、好奇の目で見られましたが、その姿を貫き、テレビに出演して受け入れられるようになりました。

現在、志茂田景樹さんは、子供たちに読み聞かせの活動をしている他、ツイッターでは人生相談を受けており、若者から非常に支持されています。



志茂田景樹の転職理由と作家になったきっかけ

志茂田景樹さんに対して、すんなり作家になったようなイメージを持っている人が多いですが、そうではありません。

志茂田景樹さんは、今までに20回以上転職をしているのです。

1年浪人して中央大学法学部政治学科に入学し、2年留年して卒業すると、弁護士事務所に就職しますが、その後、探偵、保険調査員、週刊誌記者、塾講師など、さまざまな職業を経験しました。

「上司がキモイ」「無断欠勤」「営業職にもかかわらず頭を下げるのが好きじゃない」といった理由で退職を繰り返し、すぐに辞めた仕事も合わせると、転職回数50回はあるとのこと。

保険の調査員をしていた28歳の時、小説雑誌の新人賞の記事を見て小説家を意識するようになり、盲腸と腹膜炎で入院したことで、空いた時間に小説を書き始めました。

もし、入院していなかったら、小説は書いていなかったそうです。

そして、1976年に『やっとこ探偵』で小説現代新人賞を受賞し、1980年に『黄色い牙』で直木賞を受賞して、人気作家の仲間入りをしています。


関連記事

2017年2月7日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト串岡慶子さんは、箸置...


2017年2月28日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト廣瀬美香さんは、日...


2018年7月18日放送の『ナカイの窓』は、『よしもと』です。よしもとで働く4...


2017年1月5日放送のフジテレビ系列「とんねるずのみなさんのおかげでした」は...


2017年8月22日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト藤崎涼さんは、激辛...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください