芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 瀬川信太郎 民芸品・郷土玩具をお店で販売!山響屋経営のだるま絵師

瀬川信太郎 民芸品・郷土玩具をお店で販売!山響屋経営のだるま絵師


赤べこ

2018年9月4日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、『ご当地民芸品の世界』です。

「民芸品」とは、民衆の生活の中から生まれたその地方独特の手工芸品を意味します。

民芸品が好きで集めているという人は少ないかもしれませんが、旅行好きな方なら、お土産屋で陶磁器や漆器、織物などが売られている光景を見たことがあるでしょう。

それらが民芸品です。

ゲストの瀬川信太郎さんは、約1,500点の民芸品を自分で買い付けた根っからの民芸品好きであり、自身のお店で販売しています。

そんな瀬川信太郎さんが紹介する民芸品・郷土玩具に、赤べこ好き好きなマツコ・デラックスさんは大興奮しました。



瀬川信太郎ってどんな人?

瀬川信太郎さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 瀬川信太郎(せがわしんたろう)

【生年月日】 1984年

【出身地】 長崎県島原市

【居住地】 福岡県福岡市

【高校】 島原高等学校卒業

【最終学歴】 日本海洋科学専門学校

【職業】 『山響屋』の店主、だるま絵師

瀬川信太郎さんは、漁師である父親の影響を受けて海洋科学の学校に進学しましたが、養殖には興味がないことを実感し、進路を変更します。

そして、海外が好きということで選んだのが、大阪の雑貨屋にバイヤーとして就職し、国内外を駆け回っ良い商品を仕入れる仕事とレゲエDJでした。

さらに、神社を回って御朱印を集めることが好きだったこともあり、縁起物ARTチーム『うたげや』に加入して、だるま絵師としても活動をスタートさせます。

そんなある日、友達に連れられて行った京都の東寺近くにある『平田郷土玩具店』で、郷土玩具(福助)に興味を持つようになり、その後の人生に大きく影響を及ぼしたのです。

30歳を前に、将来や年老いて行く両親のことを考え、福岡に定住すると、2015年4月、器を扱うショップ『山響屋(やまびこや)』をオープンし、ついでに民芸品・郷土玩具の販売も始めました。

しかし、気付いたら、民芸品・郷土玩具ばかりで、器屋ではなくなっていたのです。

こうして、瀬川信太郎さん自身が実際に足を運んで民芸品・郷土玩具を買い付け、今では1,500点を販売しています。



山響屋の住所・営業時間・定休日

瀬川信太郎さんが経営する郷土玩具専門店『山響屋』の情報は、次のとおりです。

ショップ名 山響屋(やまびこや)
住所 福岡県福岡市中央区今泉2丁目1-55 やまさコーポ101
電話 092-751-7050
営業時間 11:00~20:00
定休日 無休

『山響屋』では、瀬川信太郎さんが厳選した民芸品・郷土玩具を購入できるほか、だるまのオリジナルデザインをお願いすることもできます。

瀬川信太郎おすすめの民芸品

番組で紹介された民芸品で、通販で購入できるものは、次のとおりです。


モマ笛

金魚ちょうちん

【同日放送】 林慎悟 花澤ぶどう研究所4代目!品種改良したぶどうの通販


関連記事

2017年12月12日のTBS『マツコの知らない世界』のゲストであるカピル・ミ...


2016年9月25日放送の日本テレビ系列「世界の果てまでイッテQ!」は、イモト...


2017年2月12日放送の日本テレビ系列「世界の果てまでイッテQ!」は、「10...


2018年1月9日、1月16日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト瀬戸康太...


2016年11月28日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 」は、タレン...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください