芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 高校生仏師・宮沢汰佳のプロフィールと仏像

高校生仏師・宮沢汰佳のプロフィールと仏像


2020年8月18日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、「仏像の世界」です。

仏様の形を表した仏像は、信仰の対象として今までに多くの人に拝まれてきました。

最近では若い女性を中心に仏像ブームが起こり、特に、国宝になっている興福寺の阿修羅像は人気ですね。

ゲストの宮沢汰佳(みやざわたいが)さんも同じく仏像マニアなのですが、宮沢汰佳さんは仏像を見るだけではなく、好きが高じて仏像を作るに至っています。

驚くことに、高校生でありながら今までに300体以上の仏像を制作しました。

高校生仏師として注目を集め、テレビ朝日系列『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』に出演したり、ネットニュースで取り上げられている宮沢汰佳さんの素顔に迫ります。



宮沢汰佳ってどんな人?

宮沢汰佳さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 宮沢汰佳(みやざわたいが)

【生年月日】 2003年6月14日

【趣味・特技】 仏像巡り、仏像作り

【高校】 高校在学中(2020年8月時点)

宮沢汰佳さんは、物心が付く前の生後6ヶ月でお墓を見て喜ぶ変った子供で、その様子を知った母・ひろみさんの友達から3歳の時に仏像の本をプレゼントされました。

そして、その本に掲載されていた千手観音を見た時に衝撃を覚えます。

これをきっかけに仏像に興味を持った宮沢汰佳さんは、5歳頃から仏像を作り始め、約10年で300体以上の仏像を作ってきました。

作った仏像は、自宅の一室を本堂にして設置し、毎朝欠かすことなくお経を唱えているとのこと。

そんな宮沢汰佳さんの夢は仏師になることで、高校卒業後は仏師に弟子入りするか、大学へ進学して仏教や美術を学ぶか迷っています。



宮沢汰佳が作った仏像

宮沢汰佳さんが制作した仏像をいくつか紹介します。

宮沢汰佳さんが作っている仏像は、粘土で作った塑像で、材料は石粉粘土です。

塑像は、主に奈良時代に作られていました。

宮沢汰佳さんは、作った仏像の個展やトークショウも行っています。

【同日放送】 佐藤洸のプロフィール!高級スイカ専門店『あまいスイカ』オープン


関連記事

加藤庸子さんは、世界屈指の脳神経外科医で、多くの人命を救っています。その技術を...


2016年12月21日放送の「ナカイの窓」のテーマは、「外国人SP」です。マレ...


按田優子さんは、ミシュランガイドのビブグルマン部門を3年連続受賞した『按田餃子...


2018年5月2日放送の『ナカイの窓』は、『法廷』です。元裁判官・元検事・弁護...


2020年10月6日放送のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、魚仲買人...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください