芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 原田麻子、かき氷専門店オープン!店名や場所は?マツコの知らない世界

原田麻子、かき氷専門店オープン!店名や場所は?マツコの知らない世界


asakoさん(@achakoko)がシェアした投稿

2017年7月11日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、『技アリかき氷の世界』です。

みなさんはかき氷を食べますか?

安いかき氷機も販売されているので、自宅でも簡単に食べられ、コンビニでも販売されているので、よく食べるという人も多いでしょう。

かき氷と言えば、氷を削ってシロップをかけたものが一般的です。

実はこのシロップ、味はみんな同じで、香料を変えるだけで、イチゴ味・レモン味・メロン味・ブルーハワイ味など、さまざまな味を表現しています。

しかし、かき氷は日々進化しており、エスプーマと呼ばれる泡状のソースをかけたかき氷なども登場している状態です。

2年ぶりの出演となる原田麻子さんが、そんな魅惑的なかき氷の世界を紹介しました。

前回は、「年間1500杯以上のかき氷を食べる女性」として出演しましたが、今回は年間1800杯以上にパワーアップしています。



原田麻子ってどんな人?

原田麻子さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 原田麻子(はらだあさこ)

【居住地】 神奈川県

【趣味】 かき氷

原田麻子さんは一般なので、あまり詳しい情報はありません。

前回、『マツコの知らない世界』に出演した時は32歳だったので、2017年7月時点で34歳前後ということになります。

20歳の時に、『京はやしや』のかき氷を食べてその美味しさに衝撃を受け、その後はOLとして働きながら数々のお店を巡ってかき氷を食べ続けました。

そして、いつしか自分のかき氷屋を持つ夢を抱き、29歳から貯金を始めます。

その後、『マツコの知らない世界』に出演したことで「かき氷の女王」と呼ばれるようになり、以下のお店でかき氷のプロデュースを任されました。

  • cobi coffee 青山店
  • NEWoMan 新宿店
  • coffee valley 池袋店
  • フランツ&エヴァンス 表参道
  • etc.journal standard 吉祥寺

こうしているうちに開業資金が貯まり、自分のお店を持つに至っています。



原田麻子のかき氷専門店『氷舎mamatoko』を紹介

原田麻子さんは、かき氷に目覚めてから13年後、33歳の時に会社を辞め、かき氷専門店『氷舎mamatoko』をオープンしています。

氷舎 mamatoko

小さな軒先が、緑と花でぎゅうぎゅうになったこの日のこの光景を、忘れないようにがんばります。 写真を撮ってる時に、ひとりで、すこし泣きました。笑

氷舎mamatokoさん(@hyousha_mamatoko)がシェアした投稿 –

店名 氷舎 mamatoko
住所 東京都中野区弥生町3-7-9 メゾンモンターニュ
電話
営業時間 【月・水・木】 14:00~19:00
【土・日】 13:00~18:00
定休日 火曜日・金曜日

値段は、ほとんどのメニューが900円です。

『ラズといちごとミルク』『酒粕クリームレアチーズ』『まろやかみるくとコーヒー』など、さすがにかき氷の女王のお店なだけあって、どのメニューも美味しそうです。

興味を持った人は、ぜひ、行ってみてください。

【同日放送】 和知昭洋・川名誠、ドミノでギネス記録達成!


関連記事

2017年11月23日の『アメトーーク!』は、『幼なじみとコンビ組んでる芸人』...


2016年11月16日放送の「ナカイの窓」のテーマは、「ムダに明るい人たちSP...


2016年12月12日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 」は、元宝塚...


2017年4月5日放送の「ナカイの窓」は、「女子だけどこんなお仕事してますSP...


2017年12月5日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト白浜公平さんと小金...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です