芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » 飛び込み界のレジェンド・寺内健のプロフィール!ルーティンと始めたきっかけ

飛び込み界のレジェンド・寺内健のプロフィール!ルーティンと始めたきっかけ


飛び込み台

2022年1月20日放送のフジテレビ系列『アウトデラックス』に、30個以上のルーティンを持つ飛び込み界のレジェンド・寺内健(てらうちけん)さんが出演しました。

ルーティンとは、「決まりきった手順」や「日課」などのことを指します。

芸能人やYouTuberのモーニングルーティン動画が人気ですし、スポーツ選手ですとイチローさんがバッターボックスに入る際のルーティンや元ラグビー選手である五郎丸歩さんがキックする際に両手を合わせるルーティンが有名ですね。

飛び込み選手である寺内健さんも同じくルーティンにこだわっているのですが、その数30個以上というから驚きます。

寺内健さんの素顔とルーティンに迫りました。

寺内健ってどんな人?

寺内健さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 寺内健(てらうちけん)

【生年月日】 1980年8月7日

【出身地】 兵庫県宝塚市

【血液型】 A型

【身長】 169cm

【体重】 68kg

【趣味】 音楽を聴くこと、マンガを読むこと

【特技】 フラメンコ、バイオリン、音楽鑑賞

【高校】 此花学院高等学校卒業

【最終学歴】 甲子園大学卒業、甲子園大学大学院修了

【職業】 飛込競技選手

寺内健さんは、飛込競技選手である馬淵良・かの子夫妻が経営するJSS宝塚スイミングスクールで生後7ヶ月から水泳を始めました。

そして、成長して競泳選手を目指すようになりますが、一向にタイムが速くなりません。

そんな小学5年生だった秋のある日、隣のプールに設置してあった飛び板で遊んでいたところ、その才能を見抜いた馬淵崇英コーチから誘われて飛込競技に転向します。

すると、此花学院高校1年の時に高飛び込みでアトランタオリンピックに出場し、決勝進出・10位という成績を残したのです。

その後も、連続でオリンピックに出場し続け、世界選手権では銅メダルに輝きました。

2009年4月、28歳で一度引退しましたが、2010年8月6日にロンドンオリンピックを目指すことを表明して現役復帰し、41歳(2022年1月時点)である現在も現役として活躍中です。

寺内健のオリンピック成績

  • 1996年 アトランタオリンピック 高飛込10位
  • 2000年 シドニーオリンピック 高飛込5位 3m飛板飛込8位
  • 2004年 アテネオリンピック 3m飛板飛込8位
  • 2008年 北京オリンピック 3m飛板飛込11位
  • 2016年 リオデジャネイロオリンピック 3m飛板飛込20位
  • 2020年 東京オリンピック 3m飛板飛込12位 3m飛板飛込シンクロ5位

夏季オリンピックだけに限定すると、寺内健さんは馬術選手の杉谷泰造さんと共に6回の最多出場回数を記録しています。

まさにレジェンドですね。

飛込競技選手・寺内健のルーティン、始めたきっかけは?

寺内健さんは30個以上のルーティンを持っています。

その一部が、次のとおりです。

  • 服をきれいに畳む
  • 体を拭くセームタオルを同じ折り方で畳み、同じ位置に置く
  • 帽子を最低5個持ち歩く
  • 階段を左足から上る。右足から上った場合はやり直す
  • 聴く音楽は遠征前から決めておく
  • 週一で美容院に通う

小学生の時、恩師である馬淵崇英コーチに「飛び込みは美を競う競技。自分がどう見られているか常に意識し、謙虚でいるように」と言われたことをきっかけに、ルーティンにこだわるようになりました。

【同日放送】 武術家グラドル イ・リンのプロフィール!武術の段位と始めたきっかけは?


関連記事

2021年7月31日放送の日本テレビ系列『満天 青空レストラン』の食材は、宮崎...


2021年5月31日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト・...


2022年11月7日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは...


日本テレビ系列『志村どうぶつ園』で話題となった「日本一客が来ない動物園」こと『...


2020年11月2日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲスト・...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください