芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » しずちゃんのトレーナー・梅津正彦の死因は皮膚がん

しずちゃんのトレーナー・梅津正彦の死因は皮膚がん


趣味やダイエット、健康維持のために、ボクシングジムに通っている芸能人は普通にいます。

そして、片岡鶴太郎さんやロバート・山本博さんのように、プロボクサーのライセンスを取得した男性芸能人も少なからずいます。

しかし、南海キャンディーズ・しずちゃんは、女性でありながら本格的にボクシングに専念し、オリンピックを目指した希有な存在なのです。

梅津正彦さんは、そんなしずちゃんのトレーナーを務め、一緒にオリンピックを目指していましたが、病気により、志半ばにしてこの世を去りました。

死因は皮膚がん(メラノーマ)です。

2017年6月13日放送の日本テレビ系列『ザ!世界仰天ニュース』で、当時の再現ドラマが放送されました。



梅津正彦ってどんな人?

梅津正彦さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 梅津正彦(うめつまさひこ)

【生涯】 1968年12月13日~2013年7月23日(享年44)

【出身地】 山形県酒田市

【高校】 山形県立酒田東高等学校卒業

【最終学歴】 大学中退

【職業】 アクションディレクター、コーディネーター、ボクシングコーチ

梅津正彦さんは、高校生の時にボクシングを始め、ソウルオリンピックを目指しましたが、ケガにより断念。

引退後は、映画監督を目指して松竹シナリオ研究所に入所し、ウッチャンナンチャン主演で当時話題になった『七人のおたく』で、助監督を務めました。

その後、元ボクサーの経験を活かし、ボクシングコーチとアクション指導者として活動するように。

『特命係長 只野仁』、『GTO』、『あしたのジョー』など、数々のドラマ・映画でアクションを指導しています。

また、プロボクサーのコーチの他、格闘家のコーチ経験もあり、最後は南海キャンディーズ・しずちゃんのコーチを務めました。

2013年7月23日に皮膚がんが死因で亡くなっています。



しずちゃんと梅津正彦、出会いから別れ

漫画『あしたのジョー』の影響もあり、ボクシングに興味を持っていた南海キャンディーズ・しずちゃんは、ロバート・山本博さんに勧められて、2007年から趣味でボクシングを始めました。

そして、翌年、しずちゃんの人生を左右する大きな仕事が入ります。

2008年、NHKでしずちゃん主演ドラマ『乙女のパンチ』が放送されることになったのですが、プロボクサーになってチャンピオンを目指すという内容だったので、梅津正彦さんがその指導を務めることになり、二人は運命的な出会いをしたのです。

これを機に、しずちゃんと梅津正彦さんは、二人三脚でロンドンオリンピック出場を目指し、ボクシングの練習に励みました。

しかし、2012年、梅津正彦さんが皮膚がん(メラノーマ)に侵され、2度の手術を受けるも、がんがリンパ節に転移して、余命宣告を受けます。

それでも可能な限りコーチを務めたのですが、あと一歩のところで、しずちゃんはロンドンオリンピック出場を逃してしまいました。

現役続投を表明し、リオデジャネイオリンピック出場を目指したしずちゃんを残し、梅津正彦さんは、2013年7月23日に入院先の病院で息を引き取ります。

仕事終わりに病院に駆け付けたしずちゃんに、「抱っこして」と言ったのが二人の最後の会話で、体を起こそうとしたけど梅津正彦さんにその力はなかったそうです。

新しいトレーナーの元、梅津正彦さんの思いと共にリオオリンピックを目指したしずちゃんでしたが、体力の限界を理由に、2015年10月15日、引退を表明しました。

しずちゃんはオリンピックには出場できませんでしたが、その雄姿は多くの日本人の印象に残ったに違いありません。


関連記事

2016年9月20日、横浜DeNAベイスターズの三浦大輔投手が記者会見を開き、...


中央大学が箱根駅伝予選会で落選したことに対し、「内紛があるそうだからね」と発言...


登山家の南谷真鈴さんは、世界中の山々を制覇し、日本記録・世界記録を更新してきた...


竹中絢音さんは、『アームレスリングの世界ジュニアチャンピオン』に輝いた女子高生...


野村忠宏さんは元柔道選手で、オリンピックで3個の金メダルを獲得しています。それ...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です