芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 清塚信也の結婚とプロフィール!ピアニストには運が必要とマツコに力説

清塚信也の結婚とプロフィール!ピアニストには運が必要とマツコに力説


2017年3月21日放送のTBS「マツコの知らない世界」のテーマは、「ピアニストの世界」です。

ゲストの清塚信也さん曰く、子供の頃から英才教育を受けて音大を出ても、ピアニストになれるのはたった1パーセントであり、さらに、ピアニストだけで生計を立てられるのはごくわずかとのこと。

一見華やかなピアニストの世界ですが、実際にはかなり厳しい世界なのです。

ピアニストだけで食っていくためには「運」が必要だそうで、清塚信也さんもその運を持っていました。

芸能界にも女優の松下奈緒さんや元AKB48メンバーの松井咲子さんなど、音大出身のピアニストがいますが、女優業やタレント業と並行して音楽活動する背景には、ピアニストの厳しい世界があると同時に、彼女たちが運を持ち合わせていた証拠でもあるんですね。

番組では、清塚信也さんの演奏の他、王子系ピアニスト、面白ピアニストも紹介され、マツコ・デラックスさんはその音色に感動しました。



清塚信也ってどんな人?

清塚信也さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 清塚信也(きよづかしんや)

【生年月日】 1982年11月13日

【出身地】 東京都

【血液型】 B型

【身長】 ※非公表

【高校】 桐朋女子高等学校音楽科卒業

【最終学歴】 モスクワ音楽院留学

【事務所】 トライストーン・エンタテイメント

清塚信也さんは、たまにバラエティー番組にも出演するので、顔を知っているという人も多いのではないでしょうか?

キザなキャラクターのピアニストです。

清塚信也さんは、父親が日本人、母親が韓国人のハーフで、5歳の時からピアノの英才教育を受けて育ちました。

1996年第50回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部第1位を始め、数々の賞を受賞し、桐朋女子高等学校音楽科も首席で卒業しています。

清塚信也さん受賞歴について、「週刊新潮」はコンクールのレベルの低さを指摘しており、また、清塚信也さんの実力に対する世間の評価も賛否両論ですが、日本国内でそれなりの結果を残したのは間違いありません。

その勢いのまま、高校卒業後に2年間のモスクワ留学を経験しました。

しかし、モスクワで自分がピアノマシーンになっていることに気付き、先生や学生とも馴染めず、ピアノも含め全てが嫌になってしまうことに。

それでも、帰国した後、昔のつてでコンサートの依頼があったり、自分から以前お世話になった人に挨拶に行ったことで再びピアノの道が開けます。

ドラマ「のだめカンタービレ」で玉木宏さん演じる千秋真一の吹き替えや、映画「神童」で松山ケンイチさん演じるワオの吹き替えをしたことで注目され、年間200回を超えるコンサートをこなす超売れっ子ピアニストになりました。



清塚信也の結婚相手・乙黒えり

母とランチ。 母に久しぶりにあった気がする。携帯の使い方を教えてるところ。一緒に修理についてきてって可愛いママ。 母といるときは娘に戻る瞬間でもある。育児をしながら、育ててくれたことに感謝する日々。 #巷で噂の #ぶっとんだ母ですが #非常に面白いです #ママ#母娘

❁elly otoguro❁さん(@ellyotoguro)がシェアした投稿 –

清塚信也さんは、2012年に女優でタレントの乙黒えりさんと結婚しました。

乙黒えりさんもタイ、イギリス、日本のミックスです。

2012年11月24日に長女を出産、2015年4月16日に次女を出産しています。

芸能人と結婚したことからも、清塚信也さんが運を持っているピアニストであることが分かるでしょう。

【同日放送】 上村由紀子、巻き髪と演劇大好き!マツコに観劇をすすめる


関連記事

2016年9月21日放送の「水曜日のダウンタウン」は休みで、代わりに放送される...


年に一度の恒例行事「リンカーン芸人大運動会2016」で、総勢52人の芸人が浜田...


2016年9月25日放送の日本テレビ系列「世界の果てまでイッテQ!」は、イモト...


2017年5月3日放送の「ナカイの窓」は、「趣味にハマりすぎ芸能人 第5弾」で...


2016年いっぱいで解散するSMAP。そのメンバーが出演する番組「スマステ」、...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です