芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » ろくでなしBLUES芸人!デスペラード武井は森田まさのりの師匠

ろくでなしBLUES芸人!デスペラード武井は森田まさのりの師匠


2019年2月21日放送のテレビ朝日系列『アメトーーク!』は、「ろくでなしBLUES芸人」です。

不良漫画は昔から人気が高く、『今日から俺は!!』『湘南純愛組』『クローズ』など多くの名作がありますが、『ろくでなしBLUES』はその中でも特に人気作となっており、高く評価されています。

その『ろくでなしBLUES』が、アメトーークで取り上げられました。

放送を待っていた人も多いのではないでしょうか?

原作者は『ROOKIES(ルーキーズ)』『べしゃり暮らし』もヒットさせている森田まさのりさんです。

そして、『ろくでなしBLUES』好きな8人の芸人が出演し、その魅力を語りました。

ただし、一人、デスペラード武井さんという見慣れない芸人が出演しています。



「ろくでなしBLUES芸人」のゲスト紹介

2019年2月21日放送の「ろくでなしBLUES芸人」には、次の8人の芸人が出演しました。

  • サンドウィッチマン(伊達みきお・富澤たけし)
  • バカリズム
  • かまいたち(濱家隆一・山内健司)
  • デスペラード武井
  • 品川庄司・品川
  • さらば青春の光・森田

【MC】 雨上がり決死隊(宮迫博之、蛍原徹)
【ゲスト】 松井玲奈



デスペラード武井ってどんな人?

デスペラード武井さんのプロフィールは、次のとおりです。

【芸名】 武井志門(たけいしもん)

【生年月日】 1975年12月29日

【出身地】 東京都足立区

【血液型】 A型

【身長】 165cm

【体重】 70kg

【趣味】 大衆酒場めぐり、マンガ、バイク、柔道初段

【事務所】 よしもとクリエイティブ・エージェンシー

「ろくでなしBLUES芸人」を観て、他の7人は知名度が高い芸人なのに、なぜデスペラード武井さんがいるのか不思議に思った方も多いでしょう。

その理由は、デスペラード武井さんが、原作者である森田まさのりさんのお笑いの師匠だからです。

森田まさのりさんは、『べしゃり暮らし』というお笑い芸人を題材にした漫画を描きましたが、その執筆にあたり、吉本興業の芸人養成所『NSC』に入学してお笑いを学びました。

その後、『べしゃり暮らし』を描くと、大喜利を題材にした漫画『キッド アイ ラック!』の原作者である長田悠幸さんと「漫画家」というコンビを組み、『M-1グランプリ2018』に出演したのです。

M1グランプリ2018の結果は、準々決勝敗退でした。

本業が漫画家なのに、この結果は凄いことです。

師匠のデスペラード武井さんが、弟子の森田まさのりさんにアドバイスしたことは間違いありません。



『デスペラード』の漫才動画

武井志門さんは、イラン人のエマミ・シュン・サラミさんと、『デスペラード』というコンビで活動しています。

『デスペラード』の動画を紹介するので、ぜひ、ご覧ください。

二人共見た目のインパクトが大きいですが、流暢にしゃべるエマミ・シュン・サラミさんに目が行ってしまいます。


関連記事

2018年6月12日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト亜樹直姉弟は、ワイ...


2016年9月30日放送、テレビ朝日「関ジャニ8のTheモーツァルト音楽王No...


2017年10月27日放送の『金曜ロンドンハーツ』は、『女性芸能人・秋のスポー...


2017年4月18日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト中村正人さんは、吉...


2018年8月18日放送のTBS系列『ジョブチューン』は、『危険迷惑生物を捕ま...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください