芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
HOME » テレビ番組 » スマホ絵画が数百万円!画家・萌白(メジロ)のプロフィール、本名、年齢

スマホ絵画が数百万円!画家・萌白(メジロ)のプロフィール、本名、年齢


スマホ

2021年11月15日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、スマホの無料お絵かきアプリで描いた絵が数百万円で売れた萌白(メジロ)さんです。

スマホは高機能なので様々なことができ、絵を描くことができるアプリも充実していますが、指で画面をなぞって描くため、画力の低い絵しか描けないと思っている人がほとんどでしょう。

しかし、萌白さんの描く絵はまるでプロの画家が筆で描いたようにリアルなのです。

実際、その完成度を高く評価されて数百万円で売れた作品もあります。

今までにないスマホ絵画の世界で才能を開花させた萌白さんの素顔に迫りました。

萌白ってどんな人?

萌白さんのプロフィールは、次のとおりです。

【ニックネーム】 萌白(めじろ) ※本名:森脇萌香(もりわきもえか)

【年齢】 2002年8月29日

【出身地】 神奈川県横浜市

【趣味・特技】 絵画

【高校】 高校中退

【職業】 画家、絵画教室の講師、アートメイク

萌白さんの本名は「森脇萌香(もりわきもえか)」と言い、年齢は18歳(2021年11月時点)です。

幼少期は外で遊び回る活発な子で、アイドル歌手に憧れていましたが、小学生になると地元の女の子と仲が悪くなり、一人で過ごすことが普通の状態になりました。

それでも、中学3年生の時に初めて彼氏と交際し、デザイン系の高校に進学して充実した学生生活を過ごします。

しかし、高校2年生のある日、仲が良いグループ内で喧嘩が起こり、その仲裁に入ったところ、仲直りした後になぜか萌白さんさんがイジメられるようになってしまいました。

これがきっかけで高校に行けなくなった萌白さんは、学校をサボってカフェで時間を潰すようになり、その時、幼少期からずっと趣味で続けている絵を描いていたそうです。

萌白さんは、中学生の時から独学で始めたアイビスペイント(ibisPaint X)というアプリを利用したスマホ絵画をSNSで紹介したところ、仕事の依頼が入るようになり、「画家になりたい!」と思っていました。

そこで、反対する両親を説得して高校を中退し、画家になることを決意したのです。

結果、作品が数百万円で売れたり、初個展をオンラインギャラリーで開催したり、オンラインで絵画教室を開いたり、テレビ番組に出演したりと、画家として大成功を収めました。

【同日放送】 龍岡歩のプロフィール!サッカー経験ゼロでJ3・藤枝MYFCの戦術担当


関連記事

2018年7月31日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト鈴木慶洋さんは、年...


2017年6月7日放送の「ナカイの窓」は、「師匠と弟子SP」です。師弟関係にあ...


フジテレビ系列「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「査定買うシリーズ」は、...


生物ライターの平坂寛さんは、ダレトクで人気の「キモうまグルメ」の企画で、芸能人...


2018年4月24日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト田中正恭さんは、全...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください