芸能、スポーツを中心に、注目のニュースを深く掘り下げてお届けします。
インフォダイブ
» » 大坪覚 大学博物館ガイド!本・職業・プロフィール紹介

大坪覚 大学博物館ガイド!本・職業・プロフィール紹介


博物館

2017年11月7日放送のTBS『マツコの知らない世界』のテーマは、『大学博物館の世界』です。

博学であるマツコ・デラックスさんですら、スタッフに「大学博物館?」「大学がやってるってこと?」と質問しており、実際、大学生も大学博物館の存在を知らないのではないでしょうか?

私も始めてその存在を知りました。

ほぼ全てのマンガが所蔵されている博物館や水族館より凄い海洋館、化石を発掘できる博物館など、さまざまな大学博物館が存在しており、しかも、その多くが無料とのこと。

そんな知られざる大学博物館を紹介してくれるのが、ゲストの大坪覚さんであり、大学博物館に関する本を出版しているその道のプロです。

『大学博物館の世界』を観たら、実際に行きたくなる人が続出するでしょう。



大坪覚ってどんな人?

大坪覚さんのプロフィールは、次のとおりです。

【名前】 大坪覚(おおつぼさとる)

【生年月日】 1967年

【出身地】 富山県

【最終学歴】 龍谷大学文学部卒業、文化学院専門学校創造表現科卒業

【職業】 フリーライター、文化学院文芸コース・創作実習の講師、コールセンターのアルバイト

大坪覚さんは、1967年生まれであり、2017年11月時点で50歳です。

龍谷大学文学部卒業後、文化学院専門学校創造表現科へ通い、人間形成と文化探求を学びました。

そして、専門学校卒業後はフリーライターとなり、映画や書籍のレビューを書く仕事をしています。



大坪覚の著書『大学博物館ガイド』

大坪覚さんは、フリーライターとして、次の本を出版しています。


TOKYO大学博物館ガイド

KANSAI大学博物館ガイド

これらの本を出版しているため、『マツコの知らない世界』のテーマになり、ゲストとして呼ばれたのでしょう。

『TOKYO大学博物館ガイド』には、東京にある100ヶ所以上の大学博物館の建物やコレクションなどが写真付きで紹介されており、それぞれの大学博物館の雰囲気を感じられる一冊になっています。

また、東京にある大学の学食にスポットを当てた次の本も出版しました。


TOKYOこだわりの学食

これら大坪覚さんの本を見て、気になった大学博物館に行くのも良いですね。

大坪覚が推薦する大学博物館

大坪覚さんおすすめの大学博物館は、次のとおりです。

  • 東海大学海洋科学博物館(400種類以上の海の生き物を展示。メガマウスの剥製)
  • 東京農業大学(食文化や農業にまつわる展示。植物園と動物園を併設)
  • 京都精華大学(30万点以上のマンガや資料を所蔵。入館料800円)
  • 東京大学農学部(忠犬ハチ公の心臓がある)

1度でいいから行って欲しいベスト3

  1. 城西大学大化石ギャラリー(1億年前の貴重な化石を展示。魚類の化石は必見)
  2. 東京家政大学博物館(生活や衣類に関する展示。裁縫雛形は必見。スタンプラリー実施中)
  3. 國學院大學博物館(土器や土偶、埴輪など約10万点を所蔵。縄文土器の縄を再現した展示)

【同日放送】 シャボン玉50年 杉山兄弟!食べられるシャボン玉


関連記事

2017年7月18日のTBS『マツコの知らない世界』のゲスト渡辺直美さんは、イ...


2016年11月27日放送の日本テレビ系列「世界の果てまでイッテQ!」は、「珍...


2017年3月21日のTBS「マツコの知らない世界」のゲスト清塚信也さんは、ピ...


2016年12月27日のTBS「マツコの知らなすぎる世界 深夜SP」は、「換気...


2017年11月15日放送の『ナカイの窓』は、『カラダ自慢SP』です。特徴ある...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です